各部・診療科

検査科

 検査科は病院の理念に添うと共に、更に下記に掲げる独自の理念を追加して、患者様に直結できる医療が行える様、常に努力をしています。

                                                     検査科理念

「チーム医療の一員として検査科の責務を果たします」

〇 迅速で正確な検査に務めます
〇 患者に貢献できるように努めます
〇 臨床検査の知識の向上や技術の習得に務めます
〇 次世代を見据えた業務・人材育成に努めます


臨床検査とは、医師が患者を診療する上で疾患を肯定や否定をするために欠かせない業務である上に、最近は広範囲に渡って奥の深い検査が数多くあります。その中で当院の検査科が関わっている業務には大きく分けて検体検査と検体検査があります。

 我々は信頼性のある検査データーをできるだけ速く臨床側に提供することを常に心掛けているだけでなく、夜間や休日等検査科職員が不在の場合でも緊急時にも対応ができる様な呼び出し体制やシステムを組んでおります。検体検査・生理検査共に患者様中心にして進むよう日々努力を重ねています

検体検査とは
血液や便、尿、喀痰など患者様から得られた検査材料(検体)を用いて行う検査の総称です。用いる材料や測定する項目によって一般検査・血液検査・生化学検査・免疫検査・輸血検査などに別けられ、それぞれ専用の機器を用いて検査を実施します。

 一部特殊な項目に関しては外注検査を取り入れていますが、緊急性のある検査は院内で施行しており迅速で且つ正確なデーターを臨床側に返す様に心がけています。 



生理検査とは

 検体検査とは違い患者様の身体に直接触れて行なう検査の総称で、当院では心電図・負荷心電図・ホルター心電図検査(24時間)・肺活量検査・ABI検査・負荷ABI検査・脳波検査・各種超音波検査(腹部・心臓・血管・甲状腺・乳腺)などを実施しています。

最近、超音波検査は分野が細分化されそれぞれに学会認定者が数多く存在し専門職として業務を行なっています。当院においても複数の超音波検査士、血管診療技師が業務を担当し、日々進歩する医療に常に対応できる様、新しい知識を取り入れながら検査に励んでいます。