各部・診療科

整形外科

一般に整形外科では、骨・関節・筋肉・神経などの運動器すべてを対象とします。
当科では整形外科専門医4人、リウマチ専門医1人のスタッフを中心に骨折などの各種外傷・リウマチをはじめ脊椎・関節の慢性疾患、末梢神経障害など幅広い領域に対し手術治療及びリハビリテーションを含めた保存療法により地域医療に貢献しております。  
また、昨今の高齢化社会に伴い、寝たきりの原因として注目されている大腿骨頚部骨折の原因である骨粗鬆症の患者が急増しております。
当科では骨粗鬆症検診として、脊椎・四肢骨・踵骨の精密な骨密度測定を行なって、適切な指導・治療を行なっております。


診療担当医

  医師名 役職
中村 宣雄 副院長 兼 整形外科部長、人工関節センター長
柿本 明博 副院長 兼 整形外科部長
辻本 貴志 医師
金 政孝 医師
  坂井 孝司 医師