各部・診療科

薬剤科

薬剤科

病院内に勤務している薬剤師は良質かつ適切な薬物治療を行う為に、他職種と連携し院内の各所において様々な業務を行っております。
お薬のことで疑問、不安がございましたら、お近くの薬剤師にお声かけ下さい。


業務の説明

調剤業務
入院患者様のお薬は、飲みやすいように用法ごとに一つの包装にパッキングする一包化や、退院されてからの状態と同じように薬袋に入れて一週間分お渡しする方法など、病気の状態や患者様のお好みに合わせた形態でお渡ししています。
そして入院中お薬ケースで服薬される方は、お薬を薬剤師が配薬ケースにセットし服用間違いが起きないように管理しております。
外来患者様のお薬はすべて院外処方箋を発行しておりますので、お近くの調剤薬局でお受け取り下さい。
なお、外来診察のお薬に関するお問い合わせは当院の薬剤師がお受けいたします。


薬剤管理指導
当院では病棟に薬剤師を配しており、患者様が持参されたお薬の管理や当院からのお薬の服薬指導を行っています。
また、入院中の薬物治療が安全に行われるように医師、看護師などと連携しお薬の効果の判断や副作用が出ていないかのチェックを行っています。
吸入薬や注射剤の使い方の説明、退院後のお薬の説明もしておりますので、いつでもお気軽にご相談下さい。


注射剤の混合調整(無菌調整)  
高カロリー輸液(TPN)や抗がん剤など特別に安全管理が必要な注射剤は、安全に使用するために薬剤師が専用の設備を用い、無菌的に調製しております。



医薬品管理
院内の医薬品は保管方法や期限、在庫量などをすべての場所で薬剤師が定期的に管理し、医薬品の適正使用を心がけております。また、整理整頓を行うことで事故防止にも貢献しています。


医薬品情報管理
お薬に関係するあらゆる情報を収集し、必要な情報、緊急性のある情報などを必要とする場所に伝達します。必要に応じて職員の教育も行っています。また、職員からの薬の質問にもお答えします。また、地域連携で院外の調剤薬局などへも情報発信しています。 


チーム医療  
感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)などにも薬剤師が参加し、職種を超えた連携により、安心安全な医療を提供できるよう努力しています。 


その他
隣接する老人保健施設にも薬剤師を派遣し、調剤や薬品管理を行っています。