病院について

病院概要

病院について

法人名 医療法人 協和会
病院名 協和会病院
理事長 北川 透
院長 笠原 彰紀
開院年月日 1988(昭和63)年3月
許可病床数 301床
診療科目

内科 消化器内科 循環器内科 糖尿病内科 腎臓内科(人工透析)
整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科 麻酔科 外科 脳神経外科 
神経内科 皮膚科 泌尿器科 放射線科




施設基準 急性期一般病棟入院基本料1
障害者施設等10対1入院基本料
回復期リハビリテーション病棟入院料1
地域包括ケア病棟入院料2
在宅療養後方支援病院
救急医療管理加算
急性期看護補助体制加算50対1
診療録管理体制加算1
特殊疾患入院施設管理加算
感染防止対策加算2
後発医薬品使用体制加算1
データ提出加算2
入退院支援加算1(入院時支援加算)
医療安全対策加算2
医療安全対策地域連携加算2
夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる救急搬送看護体制加算
検体検査管理加算(Ⅰ)
検体検査管理加算(Ⅱ)
認知症ケア加算2
せん妄ハイリスク患者ケア加算
糖尿病合併症管理加算
糖尿病透析予防指導管理加算
持続血糖測定器加算
がん性疼痛緩和指導管理料
がん治療連携指導料
肝炎インターフェロン治療計画料
在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
薬剤管理指導料
輸血管理料Ⅱ
輸血適正使用加算
医療機器安全管理料1
入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)
CT撮影及びMRI撮影
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
無菌製剤処理料
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ)
集団コミュニケーション療法料
人工腎臓
導入期加算1
透析液水質確保加算
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
医科点数表第2章第10号手術の通則の16に掲げる手術(胃瘻造設術)
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
酸素の購入単価
指定医療機関 二次救急指定病院
労災保険法指定病院
生活保護法指定病院
公害保険取扱病院
特定疾患医療取扱病院
原爆被爆者一般疾病医療取扱病院
身体障害者手帳申請認定病院 (肢体不自由・腎臓機能障害)
自立支援医療(更正医療)指定病院 (肢体不自由・腎臓機能障害)

病院沿革

1988年 3月 協和会グループ第3番目の病院として 開院
(内科・外科・整形外科・脳神経外科・リハビリテーション科)
(救急協力病院)紹介患者様限定
8月 救急・時間外診療 開始
1989年 7月 一般診療 開始
1990年 3月 皮膚科開設
4月 リハビリテーション総合承認施設 取得
7月 神経内科開設
12月 薬剤管理指導算定 開始(内科)
1991年 4月 基準看護(基本看護料)4病棟310床 取得
1992年 6月 小児科開設
7月 リハビリテーション総合承認施設老人早期理学療法 取得
特例許可老人病院入院医療管理(Ⅱ)1病棟77床 取得
特別管理給食加算 取得
薬剤管理指導算定拡大(内科→全科)
1993年 4月 特例許可老人病院入院医療管理(Ⅱ)2病棟133床 取得
1994年 4月 基準看護特1類(Ⅰ)3病棟177床 取得
基準看護特2類3病棟177床 取得
1996年 6月 感染対策委員会発足
夜間勤務等看護加算(Ⅱ)a 取得
1997年 4月 入院時医学管理(Ⅰ)3病棟177床 取得
1998年 9月 療養型病床群療養環境(Ⅰ)2病棟90床 取得
療養型病床群医療管理2群(Ⅱ)3病棟133床 取得
療養型病床群療養環境(IV)1病棟43床 取得
1999年 7月 人工関節センター開設
新看護2.5:1A加算、補10:1 取得
2000年 7月 療養病棟入院基本料(Ⅰ) 取得
ヘリカルCT装置導入(GE横河製)
9月 ロボドックによる手術 開始・人工関節手術に最先端技術を採用
(ナビゲーション手術の導入)
11月 医療安全対策委員会発足
2001年 6月 循環器科 開設
1.5テスラの超伝導MRI装置導入(GE横河製)
9月 血管造影装置導入(フィリップス社製)
2002年 1月 リウマチ科開設
5月 回復期リハビリテーション病棟開設3階東病棟44床
6月 骨塩定量測定装置導入(ルナー製など3台)
言語聴覚療法(Ⅰ) 取得
12月 二次救急告示
2003年 8月 地域医療福祉連携室 設置
2004年 5月 敷地内禁煙 実施
7月 特殊疾患入院施設管理加算 取得(2階病棟)
11月 人工透析センター増床(20床)
2005年 12月 回復期リハビリテーション病棟増設3階西病棟42床
2006年 4月 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ) 取得
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 取得
呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ) 取得
7月 一般病棟入院基本料10:1 取得(4階・5階・6階病棟)
療養病棟入院基本料25:1 取得(2階病棟)
8月 障害者施設等入院基本料10:1 取得(5階病棟)
特殊疾患入院施設管理加算 取得(5階病棟)
11月 2階病棟閉鎖
12月 障害者施設等入院基本料10:1 取得(6階病棟)
特殊疾患入院施設管理加算 取得(6階病棟)
2007年 3月 二次救急告示取り下げ
10月 日本医療機能機構より病院機能評価認定
2008年 8月 2階病棟再稼動
2009年 4月 ミキシングルーム新設(TPN、抗癌剤の無菌調整 開始)
2010年 7月 療養病棟入院基本料20:1 取得(2階病棟)
9月 64列CTOptimaCT660導入(GE横河製)
一般病棟入院基本料7:1 取得(4階病棟)
フットケア外来 開始
2011年 1月 X線TV装置購入(東芝製DR)
5月 介護講座「介楽」の定期開催を 開始
1.5テスラの超伝導MRI装置(GE横河製)バージョンアップ
7月 透析が月・水・金のみ稼動となる
中央材料室オートクレーブ交換
8月 回復期リハビリテーション病棟入院料1
リハビリテーション充実加算 取得(3階西・東病棟)
中央材料室超音波洗浄器交換
2012年 9月 病院機能評価ver6.0認定
2014年 1月 回復期リハビリテーション入院料1 取得(3階西)
一般病棟10対1入院基本料へ(4階病棟)
4月 診療録管理体制加算 取得
2015年 4月 データ提出加算 取得
2016年 1月 一般病棟7対1入院基本料再 取得
3月 電子カルテシステムNewton2導入
4月 退院支援加算2 取得
麻酔管理料Ⅰ 取得
8月 回復期リハビリテーション入院料1 取得(3階東)
地域包括ケア病棟入院料2 取得(2階)
12月 退院支援加算1 取得
認知症ケア加算2 取得
2017年 1月 急性期看護補助体制加算50対1 取得
2月 地域包括ケア病棟入院料1 取得(2階)
10月 日本病院機能評価機構3rdGVer1.1認定
2018年 3月 がん性疼痛緩和指導管理料 取得
糖尿病透析予防指導管理料 取得
4月 急性期一般入院料1へ移行(4階)
地域包括ケア病棟入院料2へ移行(2階)
回復期リハビリテーション病棟入院料1 取得
医療安全対策加算2 取得
入院時支援加算 取得
人工腎臓1、導入期加算1 取得
救急搬送看護体制加算 取得
後発医薬品使用体制加算3 取得
2019年 1月 医療安全対策地域連携加算2 取得
2020年 4月 救急医療管理加算 取得
認知症ケア加算3 取得
せん妄ハイリスク患者ケア加算 取得
5月 後発医薬品使用体制加算1 取得
抗悪性腫瘍剤処方管理加算 取得
7月 検体検査管理加算(Ⅳ) 取得
持続血糖測定器加算 取得
皮下連続式グルコース測定 開始
2021年 10月 認知症ケア加算2 取得

病院実績

病院実績(2020年度)








臨床指標

臨床指標(2020年度)