各部・診療科

放射線科

CT写真

放射線科では、男性技師1名、女性技師1名の合計2名で、一般撮影、X線CT検査、X線TV検査等の業務を行っています。


業務内容

一般撮影検査

胸部(肺・心臓の大きさ)・腹部(腸管ガス・結石の有無)の状態を撮影します。
又、骨密度測定・骨折や脱臼などの有無の状態も撮影します。

CT検査
(MDCT)

X線を照射して、それぞれの方向から透過してきたX線のデータを
基に
身体内部の臓器などを画像化する検査です。
より詳しく検査する為に造影剤を使用することもあります。
又、血管・骨の3D(立体)画像表示することもできます。

X線TV検査 X線透視下でリアルタイムに検査部位を観察でき、造影検査や処置など行ないます。
主に食道・胃透視・注腸造影・大腸ファイバーなどを行っています。


放射線科は、放射線の被曝を最小限にしながら精度の高い画像を得られるよう努力しています。
※ご質問や不安感があれば遠慮なくお聞きください。




骨密度測定装置(ALPHYS LF)

腰椎と大腿骨の骨密度を測定することにより、早期の骨粗鬆症の診断や治療薬の効果を見ることができます。


FPD搭載デジタルX線TV装置(Raffine-i)

高性能FPD(フラットパネルディテクラ)を搭載し高画質と低被ばくの装置です。