各部・診療科

栄養科

入院中の食事について

入院中は、医師の指示に基づき、年齢や病態に応じた食事を栄養科にて調理、提供し
個々の患者様の栄養管理をしています。

食事内容について

・病状等に応じて 「一般食」と「特別治療食」に区分されます。
・主食は、米飯(普通に炊いたご飯)、軟飯(軟らかめに炊いたご飯)、パン、全粥、分粥
 副食は、荒きざみ(一口大)、きざみ(みじん)、ミキサー(ペースト状)
  と 患者様個々の嗜好や身体状況に応じて選択していただけます。
・嚥下状態のよくない患者様や食べれる量の少ない患者様には、通常の食事の量を半分にして
 栄養補助食品を付加した食事(ハーフ食)の提供をしています。
 

行事食などについて

・毎月1回以上の行事食を提供しています。
 季節のものを取り入れたり、手作りカードを添えたり、春のお花見や秋の行楽シーズンには
 「お花見弁当」「秋の行楽弁当」と称して松花堂弁当箱で提供するなど、少しでも季節感を
 感じていただけるよう心がけています。
・お誕生日には、うるし調の食器で提供しお誕生日カードを添え、お赤飯でお祝いします。

個人対応について

アレルギーの患者様 … 禁忌食品については代替食品などを用い、別調理するなど
               できる限り対応します。

嚥下療法中の患者様 … 身体状況に合わせて、セラピスト、病棟スタッフと相談しながら
               できるだけ細やかな対応をしていきます。

緩和ケアの患者様 … 今 食べたいもの、食べられるものを提供していくよう
              柔軟な対応を心がけています。