病院について

病院概要

概要

開設 1999年1月
設備 低層棟 鉄筋コンクリート造3階建
高層棟 鉄筋コンクリート造8階建
病床数 122床
院長 磯部 文隆
職員数 約150名
診療科目 内科、外科、整形外科、小児科、リハビリテーション科
消化器内科、放射線科、神経内科、緩和ケア内科
施設基準
(令和2年10月1日現在)
機能強化加算
障害者施設等入院基本料10対1
診療録管理体制加算1
特殊疾患入院施設管理加算
療養環境加算
感染防止対策加算2
データ提出加算2 ロ(200床未満)
入退院支援加算1
回復期リハビリテーション病棟入院料1
地域包括ケア入院医療管理料4
緩和ケア病棟入院料1
認知症ケア加算3
入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)
小児科外来診療料
ニコチン依存症管理料
がん治療連携指導料
別添1の「第14の2」の1の(2)に規定する在宅療養支援病院
在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
在宅がん医療総合診療料
検体検査管理加算(Ⅱ)
神経学的検査
CT撮影及びMRI撮影
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
酸素の購入単価
併設 介護老人保健施設 ウエルハウス西宮 129床
(通所リハビリテーション 定員30名)
協立訪問看護ステーション サテライトマリナセンター
マリナケアプランセンター
関連施設 介護老人福祉施設 ウエルライフ西宮 70室


あゆみ

未曾有の大震災(阪神・淡路大震災)から力強く立ちあがりつつある阪神地区、その一角の西宮浜に震災復興事業の一貫として、西宮マリナパークシティと呼ばれ住宅団地が(計画人口約10,000人)建設されました。そのマンション群の中の一区画に、病院と老人保険施設「ウエルハウス西宮」が同じ建物に同居する形で建設されました。
病院の南側には、「太平洋ひとりぼっち」で有名な堀江謙一氏の母港である新西宮ヨットハーバーがあります。

理念

「個人の尊厳を守り、地域に根ざし地域に開かれた病院を目指します」
上記理念を実現するために、継続的に院内環境を改善するように努力して参ります。

基本方針

  1. 心と技で人を診る
  2. 信頼とたゆまぬ努力
  3. 安心を与える心の豊かさ

2020年度目標

  1. 安定した入院患者数の確保と業務の効率化
  2. 患者様の視点に立った医療の質の向上
  3. 職員満足度の向上と人材育成
  4. 危機対応力の強化
  5. 地域とのつながり強化

バリアフリーに関する情報

バリアフリー設備情報

 

駐車場 敷地内
通路
(建物前)
建物の
主な外部出入口
トイレ 誘導案内 昇降設備 乳幼児
コーナー
その他
お見舞い等でご利用頂ける駐車場を設けております。

病院前駐車場に車いす対応駐車区間を設けております。
敷地内通路ならびに外部出入口に段差・階段はございません。

敷地内通路ならびに外部出入口はすべて平坦になっております。

敷地内通路ならびに外部出入口にスロープ等はございません。
正面玄関出入り口は自動ドアです。

夜間のみ開き戸になります。

外部出入り口に引き戸はありません。
トイレは様式と和式があります。



1階トイレ前に乳幼児のおむつを交換できる台があります。

車いす使用者等対応トイレがあります。(全フロア)

オストメイト対応トイレはありません。


音声誘装置、音声案内装置はありません。

点字による触知案内板はありません。

受付案内所があります。
一般用のエレベーターがあります。

車いす使用者対応のエレベーターがあります。

点字表示付きのエレベーターはありません。
授乳室はありません。

プレイコーナー・託児はありません。
院内貸出し用の車いすがあります。

貸出し用のベビーカーはありません。

筆談ボード、補助機器はありません。

自動体外式除細動器(AED)は、1階総合受付にあります。
 凡例  設備がある場合(青色表示)     設備がない場合(灰色表示)