病院について

ご挨拶・理念

院長のご挨拶・理念

地域に求められる病院を

協和会病院院長 増田公人

協和会病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。当院は19883月に協和会グループの3番目の病院として吹田市に開院しました。「専門的な知識と技術の向上を図り 心をこめて安心の医療を提供します」を理念にかかげ、急性期、回復期および慢性期の医療を担っています。2025年に団塊の世代の全てが75歳以上となるなど、高齢化の一層の進展に向けて医療法が改正され、医療機能の分化・連携や在宅医療の充実等が推進されつつあります。吹田市には高度急性期病院が多く、三次救急や高度専門医療について、住民の皆様は安心されていることと存じます。当院は、その他の急性期から慢性期までの幅広い医療に関して、皆様の住み慣れた地域で安心して受けていただけるよう体制を整備しております。201512月に二次救急医療を再開し、20168月より地域包括ケア病棟を開設し、在宅医療とも緊密に連携しております。20183月には、3度目となる病院機能評価の認定を受け、今後皆様からさらに信頼される病院を目指して参ります。


協和会病院 病院長 平塚正弘

病院理念

看護部長のご挨拶

心の通い合う看護を共に

協和会病院看護部長 前田千保子

当院は、「地域に根ざした病院」として、急性期から回復期、療養期まで幅広い医療を提供しています。常に患者さまの立場にたって、その人がその人らしく生活できるよう、チーム医療を推進し、また同じ敷地内にあるウエルハウス協和(介護老人保健施設)と吹田ケアセンター(訪問看護・訪問介護・居宅介護支援事業所)とも連携を深めています。

看護部は、「豊かな心・こころの看護」の理念に基づき、ひとりひとりが自律し、それぞれのキャリアアップがはかれるよう自施設だけでなく、法人全体での支援体制も整備されています。各自が自己の目標を明確にして取り組めるようフォローします。

またワークライフ・バランスを重視し、有給消化率はほぼ100%で、保育所も完備し、新卒看護師から子育て世代まで幅広い年代のスタッフが勤務しています。そして、お互いの立場を理解し合うために、常にコミュニケーションを大切に、「温かい人間関係」を基盤にした職場環境を整えています。


協和会病院看護部長 前田 千保子