病院について

患者・医療者のパートナーシップに関する方針

患者・医療者のパートナーシップに関する方針

 (目的)

医療行為に関して、患者様の主体的な参加を促し、患者・医療者のパートナーシップを強化し、より良い医療を遂行することを目的とする。

(指針)

   イ ンフォームドコンセント

  基本姿勢として分かりやすい言葉・用語でご理解いただくまで何度でも行う努力をする。

 ②患者様の権利・義務の明示

  「患者の権利に関する宣言」により明示。

 ③診療情報の開示と信頼される医療の提供

  情報開示請求に対する迅速・誠意を持った対応。

  セカンドオピニオンの保証及び提示。

 ④患者様のプライバシー保護の徹底

  詳細は「個人情報の取り扱いについて」により明示。

 ⑤安全な医療の提供

  「医療安全管理に関する基本方針」に基づき、医療安全対策委員会が中心となり取組む。

 

お気づきの点やお困りのことなどがございましたら、直接職員にお話いただくか、地域医療連携室にお申し出ください。意見箱の設置もしております。
患者さんとのパートナーシップが重要で、私たちは患者さんとより良いパートナーシップを築きあげていきたいと考えています。

 

1.より良い医療を実現するために、自分自身の健康に関する情報(薬歴、アレルギー歴、検査歴、既往歴、診療歴、手術歴、ペースメーカー手帳など)をできるだけ正確にお伝え下さい。 

2.検査・治療の手順や注意事項について、良く説明を受け、理解しておきましょう。良く理解できない場合には、納得できるまでお尋ね下さい。

3.検査や注射・点滴などの治療を受ける際には、職員と共にご自分の名前を確認して下さい

4.感染防止のため、病室へ出入りする際には、入口に備え付けの消毒薬で手指の消毒をして下さい。

5.転倒や転落などの事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある方は、遠慮なく介助を受けてください。

6.他の医師の意見や他院の意見を聞くことについて遠慮なく主治医に申し出て下さい。

7.他の患者さんの医療の妨げにならないよう、配慮して下さい。