病院について

部署紹介

外来

内科、外科、整形外科、小児科外来受診の患者様へのサポートを行っています。
地域の方々に信頼され、安心して受診していただけるよう、笑顔で患者様の立場になって、思いやりのある態度で接するよう日々心がけています。 また受診される方だけでなく、地域の方への健康サポートとして定期的(年6回)に「まちの保健室」を開催しています。
毎回、テーマを決め、医師の話やリハビリセラピストによる体操、健康チェックや健康相談、栄養相談、医療相談、介護相談等、地域に密着した取り組みを行っています。



8階病棟(緩和ケア病棟)

8階病棟(30床)では、主に、癌を治そうとする治療は終了し、症状を緩和することを目的とした患者様に入院していただいています。痛み、息苦しさ、だるさなどの身体的苦痛や、気持ちのつらさなどの精神的苦痛を和らげることに力を注いでいます。ご家族様への精神面へのサポートも心がけています。
入院される方が、貴重な時間をその方らしく過ごしていただけるように、また、自宅の延長のような雰囲気に近づけることができるように、患者様の立場にたってケアを行っていきます。
8階からヨットハーバーやその向こうに広がる海を眺める展望は絶景で、朝、夕それぞれに違った美しさを見せ、心を和ませてくれる療養環境となっています。スタッフは、その環境に負けない豊かな心と密な連携を大切にして頑張っています。

7階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

7階病棟は回復期リハビリ病棟です。急性期治療を終えた後、機能回復・在宅復帰を目標に訓練を行っています。
医師をはじめ、看護師・ケアスタッフ・リハビリセラピスト・薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーなど関連職種がチームで連携し、一人一人のニーズに合わせた療養環境と訓練プログラムの提供を行っています。
病棟スタッフは日常生活の援助・環境整備を通して機能回復への支援を行い、心のこもった看護・介護を心がけています。

6階病棟(地域包括ケア病床・障害者病床)

6階病棟は、地域包括ケア病床と障害者病床の混合病棟です。
地域包括ケア病床では60日の期限内で在宅復帰を目指し、障害者病床では充実した日常生活を送れるようにスタッフ一同で援助させていただきます。
入院期間等に関しては入院時の治療計画に基づくため、個人差があります。
一日も早く、本人様、ご家族が心身共に安定し、安心して生活ができますように、病棟スタッフが精一杯、日常の療養生活を支援させていただきます。