病院について

看護部のご案内

看護部理念

-豊かな心・心の看護
患者様お一人おひとりのその人らしさを支えます・・


基本方針

  1. 一人ひとりを大切にし、誠意を持って患者中心の看護を提供します。
  2. 地域・家庭・病院の連携の中で、その方らしい生活が送れるように支援します。
  3. 私たちは、チーム医療の中で、看護の役割を自覚し、他職種と相互連携を図ります
  4. 私たちは、主体的に自ら学び、改革する姿勢を持ち、生涯にわたり自己研鑽に努めます。
  5. 私たちは、「より良い生と死を支える看護」を提供し、患者様に喜ばれ、自分たちもやりがいを感じられる看護実践を目指します。


2020年度看護部目標

1.安全で質の高い看護の提供

・倫理教育を充実させ、看護師の倫理観を醸成させる。
・認知症ケアを究め、老年看護のエキスパートを育成する。
・多職種連携で、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を充実させる。
・災害時のBCP(事業継続計画)に基づき、災害対策に取り組む。
・身近なテーマで臨床看護研究に取り組み、院外発表につなげる。
・病院機能評価受審(11月)し、認証を受ける。

2.働き続けられる環境づくり

・接遇マナーを磨き、お互いに注意し合える職場風土にする。
・新人事制度に基づき、各々の目標管理シートを充実させる。
・法人キャリア開発ラダーを用い、各々のキャリアアップを図る。
・各部署で業務改善に取り組み、ゆとりのある環境をつくる。
・勤務内禁煙を定着させる。
 

3.健全経営への参画

・全病棟において目標稼動を達成する。
・緊急入院の受入れ体制を整備する。
・SPDを活用し、物品の適正管理に努める。
・業務の効率化に努め、時間外勤務を減らす。
 

4.地域とのつながり強化

・まちの保健室を充実させ、さらに地域の方々とのつながりを深める。
・近隣施設やケアマネとの連携を強化するための意見交換会と勉強会の開催。
・地域活動に積極的に参加し、地域貢献の機会を増やす。
・ボランティアを募り、地域に開かれた病院を目指す。

看護提供方式

固定チームナーシング方式

  • ・小集団活動の考え方を基本にしたチーム運営で看護を実践します。 
  • ・リーダーとメンバーが一定期間チームを編成し、年間目標を持って看護活動を続けていきます。 
  • ・患者一人ひとりに受け持ち看護師が存在し、その看護師とともにチーム全体で支援する看護体制です。 
  • ・看護師個人の成長によって看護チームが強化され、質の高い看護に結びつきます。