病棟・各部案内

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

病棟廊下

回復期リハビリテーションとは

主に脳血管疾患や大腿骨頸部骨折等の患者様に対して日常生活活動(ADL)の向上による、在宅復帰・社会復帰を目指す病棟です。
当院ではそれぞれの患者様の目標に向けて、各スタッフが各々の専門性を活かしながらチームとなって連携し、患者様やご家族と一緒に取り組んでいます。


回復期病棟のコメント

・全長62mの歩行訓練スペースを確保しています。
・カンファレンス及び家族面談を1回/月、病棟スタッフとリハスタッフとの情報交換の場としてミニカンファンレンスを定期的に行っております。
・入院中に家屋訪問を行い、退院後の生活を見据えたリハビリテーションを展開します。
・退院後フォローアップの一環として、退院後訪問や外来リハなどを実施し、充実したリハビリテーション環境を提供します。
・余暇活動として、映画鑑賞、将棋、マージャン、ゲーム、レクリエーションを病棟で行い、入院患者様同士の話し合いの場を提供しております。
・公共交通機関の利用、買い物など実生活に即した訓練プログラムを立案します。
・総勢50名を超えるリハビリスタッフにより、きめ細かく、且つ十分な訓練時間を確保します。
・365日体制でリハビリを実施します。


   
       病棟ミニカンファレンス               リハビリ訓練



対象疾患と入院期間

対象となる疾患 入院期間
脳血管疾患の発症後・手術後2ヵ月以内高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷、および頭部外傷を含む多発外傷)の場合 150日以内
180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折または手術後2ヵ月以内 90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静による廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内 90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経・筋または靱帯損傷後1ヵ月以内 60日以内
股関節又は膝関節の置換術後1ヶ月以内 90日以内


患者様、ご家族様のサポート

 

回復期リハビリテーション病棟 Q&A

Q1. 入院の際の手順はどのようになりますか?
本ホームページの入院までの流れを御一読ください。ご不明な点は、御気軽にお電話ください。


Q2. 他の病院から転院する場合はどのようになりますか。
現在ご入院中の病院の医療相談員にご相談下さい。そして当院の地域医療情報室にお電話くだされば転院に向けて連携を図っていきます。


Q3. どのような症状で入院できるのですか?
回復期リハビリテーション病棟は入院する条件が決められています。「表 対象疾患と入院期間」を参考にしていただきご相談ください。病状が安定していない方で積極的な治療が継続して必要な場合、入院が困難となることがあります。


Q4. どれくらいの期間入院できるのですか?
表 対象疾患と入院期間」を御一読下さい。ただし患者様の状態によっては、この表の入院期間よりも早期に退院可能な方もいらっしゃいます。
 

Q5. 退院 後のことが心配ですが・・・
当院では各患者様に合ったプログラムを立ててリハビリを進めていき、退院後の方向性を決定していきます。在宅へ復帰される場合は、必要に応じて家屋改修や家族様への介助指導・外泊練習などを実施し、退院援助を行っています。


Q6. どれくらいのリハビリが受けられますか?
最大9単位/日(20分/単位)のリハビリを受けることができますが、患者さまのご状態により1日当たりの単位数、リハビリの内容などを検討していきます。


Q7. 病棟ではどのような生活を送るのですか?
本ホームページの「一日の生活例」を参考にしてください。


Q8. 他の病気になったときはどのような対応をしてくれるのでしょうか?
当院の医師が対応します。ただし、当院でおこなえない検査や積極的な治療が必要な場合は、紹介元の病院をはじめ、当法人内の協立病院と連携を図って検査や治療をおこなっていきます。


Q9. 退院先はどのようなところですか?
ご自宅での生活を再開する方や介護老人保健施設、介護老人福祉施設、有料老人ホームなど施設に入所する方もいらっしゃいます。


Q10. リハビリの内容を教えてください。
各部門(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)ごとにリハビリを実施します。また、病棟においても、看護師、リハビリスタッフ、介護職員と共に実際の生活面 で適切な介助をおこなったり、体操や、歩く練習を行うなどの実践的なリハビリが実施されます。理学療法、作業療法、言語聴覚療法については当院のホームページの「リハビリ室案内」をご覧下さい。


Q11. 他の疾患があっても入院できますか?入院できたとしてその後のフォローが心配です。
ご状態が安定されていれば入院できます。入院中にご状態に変化が生じた場合は、当院の医師が対応するとともに、紹介元の病院をはじめ当法人内の協立病院と連携を図りながら対応をしていきます。




このページのトップヘ

ご入院から退院までの流れ

こちらの「退院支援」をご一読ください。


このページのトップヘ

訓練風景

一日の生活例

時間 日課
6:00

起床し更衣をおこないます。
更衣に介助が必要な方はお手伝いします。

8:00

食堂にて朝食を提供いたします。
朝食後、口腔ケアをおこないます。

9:00

リハビリの時間に備えて排泄介助や検温、着替えなどおこないます

9:00~12:00

患者さまのスケジュールにあわせて訓練室や病棟でのリハビリの実施、また入浴日であれば入浴をします。患者様のご状態によりリハビリの時間数は異なります。



リハビリ室への移動は、介助が必要な人についてはスタッフが付き添います。

12:00

食堂にて昼食を提供いたします。
昼食後、口腔ケアをおこないます。

13:00

リハビリの時間に備えて排泄介助をおこないます

13:00~17:00

患者さまのスケジュールにあわせて訓練室や病棟でのリハビリの実施、また入浴日であれば入浴をします。患者様のご状態によりリハビリの時間数は異なります。
リハビリ室への移動は、介助が必要な人についてはスタッフが付き添います。

16:00からは、病棟にてリハビリ体操をおこなっています。

17:30

夕食前の排泄介助をします。

18:00

食堂にて夕食を提供いたします。
夕食後、口腔ケアをおこないます。

18:00~22:00

フリータイムです。病棟または病室で自由に過ごしていただきます。

22:00

消灯  おやすみなさいZzz・・・




訓練器具

練習用階段

練習用階段
階段昇降動作の練習に用います。

バイブラバス

バイブラバス
手や足をお湯で温め、痛みの軽減や運動をしやすくするために用います。

バランスボール

バランスボール
バランスの練習や様々な運動に用います。

平行棒

平行棒
歩行練習に用います。







患者様作品集