サービス内容

入所

入所について

入所:要介護1~5の方で、病状が安定している方が対象となります。

病状が安定しており、入院治療の必要はないものの、ご家庭での生活に不安のある方に入所していただき、療養生活を通じて少しずつその不安を取り除いていくことで、ご家庭で自信を持って生活できるようお手伝い致します。また認知症の症状のおありになられる方に安全で、快適に生活頂けるよう認知症専門棟もございます。

★胃ろう造設の方
★喀痰吸引が必要な方
★在宅酸素療法を受けられている方  → 入所可能です!

(受け入れ人数には限りがございますので、まずはご相談ください)

在宅復帰支援から看取りまで

 「入所生活」→「在宅復帰(自宅等への帰宅)」→「再入所生活」→
「在宅復帰」→・・・により、長期的な支援体制を構築しております。

また、老衰等で最期を迎えられる際の「看取り」体制もございます。
(平均1件/月、長期的なお付き合いから看取り)

療養生活中のサービスについて

健康管理
医師・看護師をはじめ、スタッフが常にご利用の皆様の健康管理に努めます。必要な時には併設の協力病院・協和マリナホスピタルで適切な診療を受けて頂けます。

リハビリテーション
理学療法士・作業療法士が、ご家庭で自立した生活を送ることができるよう、ご利用の皆様ひとりひとりの状況に応じたリハビリテーションの内容を考え、療養生活の中に取り入れていきます。

リハビリテーションについての詳細はこちら

日常生活サービス
ご家庭での生活をスムーズに営めるよう、食事・入浴等日常生活における介護や介助サービス・リハビリを受けていただけます。

入所中の『一日の流れ』

6:00 起床・洗面・更衣
8:00 朝食
9:00 検温・入浴(一般浴・ライン浴)
12:00 昼食
13:00 レクリエーション
検温・入浴(チェアー浴)
14:15 集団体操
14:30 おやつ(療養棟にて)
18:00 夕食
19:30 就床準備(歯磨き・更衣など)
21:00 消灯・就寝

所定疾患施設療養費の算定状況

所定疾患施設療養費の算定状況について公表します。
こちら(PDF)をご確認下さい。