サービス内容

入所のご案内

 要介護1~5の介護認定を受け、病状がほぼ安定し入院治療の必要がない方が、ご利用いただけます。

 病院退院後、在宅復帰には少し不安があり、もう少しリハビリテーションを希望する時や、長時間家族での介護が困難になった時などにご利用して下さい。

* その方の能力に応じた自立と自宅での生活復帰を目指し、医師による医学的管理を基準にした看護・介護と、リハビリテーション・栄養管理・入浴等の日常サービスを併せて提供いたします。

* 定期的に行う職員と家族様とのカンファレンスでのケアプランの見直しと併せて、3ヶ月ごとに在宅復帰(又は他施設利用)が可能かどうかの入所継続・退所判定を行い、今後の方針を決めていきます。




提供サービスについて

利用者様一人ひとりの状態に合わせて、また家族様と相談しながら、医師、看護職員、介護職員、リハビリテーション職員、管理栄養士、支援相談員など様々な職種の職員が専門的知識・技術を生かしたケアプランを作成し、チーム一丸となってサービスを提供いたします。



■ 健康管理及び適切な医療
  医師の管理のもと、看護職員が毎日健康観察と必要な医療行為(インシュリンの注射・胃瘻からの食事注入など)を行います。もし、お体の調子が悪くなられた時は、医師が診察を行い、病院での検査や治療が必要と判断した時は、当施設の協力病院である協立病院またはかかりつけ病院など家族様と相談し、受診していただきます。歯科は往診による診療を受け入れていますので、施設内で受診が出来ます。

■ 日常生活の介助
  介護職員が、利用者様のケアプランをもとに、安全で安心して生活していただけるよう、入浴・排泄・食事・移動などの日常生活の介助をいたします。また、週に2回程、理容・美容院の出張を受け入れていますので、施設内で散髪・毛染め・パーマが出来ます。

■ リハビリテーション(機能回復訓練)
  理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリテーション専門職員が、利用者様一人ひとりの心身機能を評価してリハビリテーション計画書を作成し、リハビリテーション職員と一緒に訓練を行います。

■ 食  事
  管理栄養士が栄養バランスを考えた献立を作成し、糖尿病・心臓病などの療養食や嚥下障害のある方の形態変更など利用者様の状態に合わせて、食事やおやつを提供いたします。また、行事日には特に季節感のある献立、お誕生日にはお祝いカードの準備、お菓子を全国各地よりお取り寄せするなど、楽しく食べていただけるよう工夫しています。

■ レクリエーション
  施設で楽しく過ごしていただけるように、また、利用者様同士の会話がはずむように、レクリエーションを企画し実施しています。
・月に1回、施設全体で季節感のある行事を計画し実施しています。
近隣の保育園児の歌やダンスの披露、ボランティアの皆様による盆踊りやダンスの披露、施設職員による出し物など取り入れて行っています。



・ボランティアの皆様に協力してもらい演芸会、ミニコンサート、生け花・押し花教室、歌の音楽教室なども、不定期ですが実施しています。
・気分転換やリハビリテーションにもなるよう、カラオケ、頭の体操、ストレッチ体操、ぬり絵、風船バレーなど計画し、毎日実施しています。

■ 一日の流れ

    
6:00  オコシ  ユカ
モーニングケア(口腔コウクウケア・洗面センメン)・更衣コウイ
 
8:00  アサ  ショク ( 食堂ショクドウにて )
9:00  コーヒータイム ( 3カイシュウ ) 個別コベツリハビリテーション
(2カイシュウ
10:00  集団シュウダンリハビリテーション
体操タイソウ・カラオケ・ぬり
フーセンバレーなど
不定期フテイキ
ウタ音楽オンガク教室キョウシツ
バナバナ教室キョウシツなど
12:00  ヒル  ショク ( 食堂ショクドウにて )
13:00   イリ ヨク
( 2カイシュウ )
14:00  レクリエーション
15:00  おチャ時間ジカン
(お菓子カシとおチャなど)
 
18:00  ユウ  ショク ( 食堂ショクドウにて )
19:30  就寝シュウシン準備ジュンビ
口腔コウクウケア・パジャマへ更衣コウイ
21:00    
 
  ※水分補給がいつでもできるように、お茶は常時用意しています。

■ 今後の生活などの相談
   退所後の生活など不安がある場合は、支援相談員が対応致します。


 認知症などで一般棟では安全に生活できない方は、認知症専門棟を利用していただけます。 
        
《認知症専門棟》
          利用者様の様子を見守り、話に耳を傾け、何か困っている時は一緒に考え、利用者様一人ひとりに
寄り添うことを心がけ、また、利用者様が安全で安心して過ごしていただけるように環境に注意してケアに努めています。そして、一日の生活の中に習字・工作・体操などのリハビリテーションを兼ねたレクリエーションを取り入れ、施設内で行われる行事・歌の音楽教室・ミニコンサート・演芸会などに参加していただいて気分転換を図り、利用者様が笑顔で生活を送っていただけるよう取り組んでいます。 

 
                        

利用者様は、明るくて見晴らしがよい4階のフロアーでゆったりと過ごしていただいています。