施設について

ご挨拶・理念

施設長のご挨拶

ウェルハウス川西施設長 大黒 哲

当施設は要介護者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すための施設として、医療法人協和会 協立病院の協力のもと、平成9年9月に開設されました。ご利用いただけるのは、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護者で、看護・医学的管理・リハビリテーションを必要とされる方々です。
当施設では、アットホームな雰囲気の中で、利用者おひとりおひとりの状態や目標に合わせたきめ細かいケアサービスを、医師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士などの専門スタッフがチームを組んで提供いたしております。
スタッフは若手からベテランまで幅広い陣容で、立地は阪急川西能勢口駅・JR川西池田駅から徒歩5~10分と交通至便です。
また、当施設は平成21年6月にISO 9001:2008という品質マネジメント国際規格の認証も受けております。
医療法人 協和会のメンバーとして、地域の医療介護福祉システムの一翼を担い、地域に開かれた施設としてさらに貢献できるように精進していく所存です。

ウエルハウス川西施設長 大黒  哲


  

理念・基本方針

理念

 われわれは、愛情・尊敬・共感の心を持って、一人一人の個性を尊重した質の高い介護サービスや、適切な医療援助、安全な生活援助及び自立への支援を総合的に提供します。
また家族や地域の人びと・諸機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。


基本方針

  法の規定に従い、介護老人保健施設設立の5つの役割を実践し、協力病院や地域の居宅介護関連事業所、介護老人福祉施設、老人福祉分野の諸機関と連携を保ちながら常に利用者に信頼と安心と満足を提供出来る施設作りを目指す。


■5つの役割

 1.包括的ケアサービス施設
 2.リハビリテーション施設
 3.在宅復帰施設
 4.在宅生活支援施設
 5.地域に根ざした施設

そのためには、医療法人協和会に属する介護老人保健施設は、互いに協力し、いつでも何処でも常に質の高いサービスを提供できるようにマネジメントシステムの有効性の継続的改善を図る。
また、医療法人協和会に属する介護老人保健施設は、サービスの質を高め且つ均一化するために、できる限りマネジメントシステムの共通化を図るように努力をする。