来院される方へ

内視鏡センター

内視鏡センターご案内

内視鏡センター




初期段階で疾病を発見し、疾患傾向の変化を常に見つめ、的確で迅速な対応に努めています。

当院の内視鏡センターでは、正確な検査、的確な診断、そして治療を進めるなか、内視鏡による各種の手術にも対応するなど、急性期病院の内視鏡センターとして高度な医療技術の提供に努めています。


内視鏡検査の適応

胃内視鏡検査適応
定期検診(スクリーニング)、便潜血反応陽性、胃痛、嘔気、腹痛、胃不快感、腹部不快感、胸焼け、心窩部痛、食欲不振、体重減少、食道のつっかえ感、吐血、貧血、タール便(便が黒い)胃潰瘍の既往あり、十二指腸潰瘍の既往あり、CEA高値、胃ポリープ切除の既往あり、食道静脈瘤の既往あり、胃癌手術後、ヘリコバクター・ピロリ菌精査,入院時スクリーニング  

大腸内視鏡検査適応
定期検診(スクリーニング)、便潜血反応陽性、下血 (鮮血)、貧血、腹痛、下痢持続、便秘大腸癌手術後、 CEA高値、大腸ポリープ切除の既往あり、潰瘍性 大腸炎の既往あり,虚血性腸炎の既往あり、大腸 憩室症の既往あり


胃癌の基礎知識

日本人にとって胃癌はとても身近な癌で、年間に5万人が亡くなっています。
癌による死亡原因として男性では肺癌に次いで2位、女性では1位となっています。
しかし、胃癌は比較的生存率が高く、初期症状のうちなら十分に治るがんです。
問題は、発見が遅れる事により症状が進行してしまうことです。末期になれば、治療を行っても予後は悪くなります。
大切なのは、そうなる前に検診によって自覚症状のない段階で発見できれば、手術や内視鏡的治療によって完治できる可能性が高い傾向にあります。したがって、検診により早期発見できることが理想です。


大腸癌の基礎知識

大腸癌は大腸に発生する癌のことで、年間約4万人の方が亡くなっています。日本では肺癌、胃癌、についで3番目に多い癌です。主に大腸ポリープなどの良性の腫瘍からゆっくりと時間をかけて大腸癌へと変化していくことが多いようです。
大腸癌は特に肉食との関係性は高く、食生活が肉中心になる事により、日本では大腸癌になる確率は年々増加傾向で、近い将来には日本人の最もかかりやすい癌になると予測されています。
発症する年齢は50歳ごろから増え始め、年をとるにつれて確率が上がっていきます。(遺伝的に大腸癌になりやすい家系の人は、若くして大腸癌になる場合もあります。)
したがって、大腸癌 も検診により早期発見できることが理想です。



このページのトップヘ

当院では患者様のニーズにあった方法で検査を受ける事が出来ます。

経鼻胃内視鏡検査(鼻の穴から内視鏡を挿入)

メリット

  1. 嘔吐反射がおきにくい。(苦痛軽減)
  2. 医師と会話をしながら検査を受けられる。
  3. 自分の胃の映像を見ながら検査を受けられる。


デメリット

  1. まれに鼻出血をおこす事があります。
  2. 鼻孔、鼻道が非常に狭く鼻から入らない方は不可。
  3. 潰瘍などから出血している時は、止血処置出来ない。

※2.3の時は口からの内視鏡検査に切り替えさせて頂きます。


通常経口胃内視鏡検査(咽頭麻酔し口から内視鏡を挿入)

メリット

  1. 経鼻内視鏡より観察範囲が広く、病変の観察に優れている。
  2. 処置をしなければ、検査所要時間は、10分前後です。
  3. 潰瘍などから出血している時は、止血処置出来る。

デメリット
  1. 嘔吐反射がおこりやすい。(苦痛を多少伴います)


苦痛を伴わない経口胃内視鏡検査(静脈麻酔を使用し、口から内視鏡を挿入)

メリット

  1. 苦痛を伴わず、知らないうちに検査が済んでしまう。

デメリット
  1. 検査終了後、2時間程度リカバリールームで休んでいただきます。(時間には個人差があります)
  2. 検査当日の車・バイク・自転車等乗り物の運転は不可。
  3. ご家族の付き添いが必要 です。
  4. 血圧低下や呼吸抑制などが起こる可能性がある 。


大腸内視鏡検査(肛門から内視鏡を挿入)

※静脈麻酔を使用するかしないかは患者様が選択して頂けます。


 
静脈麻酔を使用し胃内視鏡検査された場合、
当院 では安全に帰宅して頂く為にリカバリールームにて
看護師が全身状態を観察しサポートさせて頂きます。


このページのトップヘ

当院採用の電子内視鏡(NBIシステム導入)

当院ではNBIという特殊な光を粘膜にあて、粘膜の血管状態を観察することで早期癌の発見率を上げる事が出来る最新のオリンパス社製EVIS-260NBIシステムを採用しています。経鼻内視鏡には、フジノン社製FT4400を採用しています。

オリンパス社製EVIS-260(上部・下部消化管内視鏡検査用)      フジノン社製FT4400 (経鼻内視鏡検査用) 



通常光画像(拡大)                    NBI画像(拡大)


このページのトップヘ

検査方法・審査日について

それぞれの担当医師に御相談頂き、患者様にあった検査方法・検査日をお選びください。