医療関係者様へ

退院支援

入院時からの流れ

退院後も安心して生活するために

退院支援は、入院中の患者様へのケアと退院してからの在宅あるいは施設でのケアの両者をうまくつなぐことにより、退院後も安心・安全な療養が継続できるように入院時から取り組むケアです。
入院患者さんが適切な期間に適切な医療を受け、退院後も安全な療養が継続できるよう、入院時から取り組むケアです。
突然の病気や怪我で入院した方(主にお年寄り)は、慣れない入院生活や手術・治療などの結果、身体の機能が低下したり、日常生活に不便を強いられる状況になることがあります。
協立病院では患者さまが退院後の生活もスムーズに過ごせるよう、医師や看護師、社会福祉士などが連携し、退院支援を行っています。

1 入院
2 退院後の方向性の検討
  • ・医療の必要度
  • ・患者さま、ご家族の意向
  • ・家屋構造
  • ・回復の見込み
3 退院後の方向性の決定
4 在宅
  • ・在宅サービスの紹介
  • ・介助方法、医療処置指導
  • ・福祉用具相談
  • ・住宅改修相談
在宅支援関係者(ケアマネージャー・訪問看護ステーション・福祉事務所など)と連携を取りながら、退院後の生活をプランニングします。
病院・施設
  • ・リハビリ病院
  • ・療養病院(医療・介護)
  • ・介護老人保健施設
  • ・ケアハウス
ご家族の希望と患者さまの状態に合った施設の情報提供・入所手続きについて相談支援をさせていただいております。


退院支援のご紹介

医療福祉相談
医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)が、医療保険・介護保険・身体障害者手帳などの社会保障制度や、療養病院・福祉施設について情報提供をおこないます。 

手技指導
看護師が、吸引、注射(インスリン)、食事介助、注入指導(胃瘻)、ストマ管理指導(人工肛門)、ポート管理(点滴)、褥瘡処置、カテーテル管理(膀胱等)、自己導尿などの方法について指導を行います。 

栄養食事指導
管理栄養士が、オペ後の食事や、嚥下(飲み込み)機能の低下対応食(ミキサー食・ゼリー食等)・糖尿病食・減塩食等の症状や体調に応じた食事療法についてなど食事の作り方や摂り方を指導します。 

薬剤管理指導(服薬指導)

薬剤師が、お薬の効果、のみ方、使い方、副作用、保管方法などを説明いたします。インスリンなどの自己注射や吸入薬など退院後も使用される場合は、入院中より指導を行います。 

リハビリテーション
理学療法士は退院後に自宅で出来る運動指導、家庭環境に応じた立ち上がりや起き上がり、入浴の仕方、身体介助方法の指導、手すり位置等改築についてなどの指導を行います。