各部・診療科

看護部

看護部理念

看護部の理念

患者様・家族様の気持ちに寄り添い、
自己決定を支援し、社会の人々から
信頼される看護を提供します

看護部について

看護部の基本方針

  1. 急性期看護の役割を担い、地域連携に貢献します。
  2. 患者様の立場を尊重した看護を実践します。
  3. 患者様の安全・安心を確保した快適な環境作りに努めます。
  4. 職員が満足できる職場風土を築きます。


看護部組織図(会議・委員会)

看護部組織図




平成30年度 看護部目標


このページのトップヘ

卒後継続教育について

看護部教育理念

看護部の理念と基本方針を基盤とし、専門職業人として自ら考えて行動できる看護師を育成するため、キャリア開発ラダーに沿って支援します。

看護部教育方針

1.専門知識に基づく判断を行い、個別的な看護が実践できる人材を育成します
2.自己学習力を高め、自ら成長できる看護職を育成します
3.倫理的行動がとれる看護職を育成します

教育方法

看護師として専門職としてのキャリア開発を目指し、研修センターと連動しながら、看護師一人一人の能力や、ライフサイクルに応じた支援を行っています。卒後3年間は全員が受講できる必修研修を研修センターで整備しています。 法人看護部キャリア開発プログラムに基づき、自己実現を支援します。
 

キャリア開発ラダー

新人教育

 新人教育では専門職として自立し、段階に応じて看護技術が確立できるように年間計画を立案し教育を行っています。 当院では、教育担当者1名を配置し、新人のメンタル面のサポートと教育体制を充実させています。笑顔を大切にし、一人一人の新人の個性を伸ばして看護実践能力を身につけられるようにプリセプターと連携を図っていますので、安心して学んでください。


2017年度 新人教育実績
 

研修センター 院内研修(その他)
4月 新人研修
法人のあゆみ
/看護倫理の基礎
医療安全の基礎
入職前研修
看護部新人研修

 
 5月    BLS
 6月    夜勤前研修
(感染・フィジカルアセスメント・記録研修・輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い方・吸引・末梢静脈確保・安全・感染)
 7月    気道確保研修


エンゼルケア
 8月    血液製剤の取り扱い
 9月  看護倫理  インシュリン製剤の取り扱い
麻薬について
 10月    領域別研修
プリセプター・プリセプティ合同研修

 
 11月    卒後6ヶ月研修(多重課題)
ケーススタディのまとめ方
 12月    領域別研修意見交換会
看護記録フォローアップ
 1月  臨床倫理  
 2月    ケーススタディ院内発表会
 3月  ふり返り研修  

 

OJTの特徴

 卒後2年目では他病棟の特色性を踏まえた専門性の高い看護を経験し、臨床看護実践能力が向上する目的で、他病棟での1ヶ月間のグローバル研修を行っています。
 卒後3年目では救急外来の役割を踏まえた看護実践を習得するため、救急外来でのグローバル研修を行っています。
 看護補助者がチームの一員として、安心・安全なケアが提供できるよう、清潔援助や感染対策などの研修を行っています。また、法人内の系列病院・施設へのグローバル研修も積極的に行い、視野を広げ看護実践に結び付けています。

認定看護師とエキスパートナース

認定看護師 認定看護管理者 2名
感染管理認定看護師 1名
救急看護認定看護師 1名
WOC認定看護師 1名
脳卒中リハビリテーション認定看護師 1名
手術看護認定看護師 1名
がん化学療法認定看護師 1名
学会認定等における
資格取得看護師
日本糖尿病療法指導士 3名
INE(インターベンションエキスパートナース) 5名
二次救命処置インストラクター 6名
呼吸療法認定士 2名
透析療法指導看護師 1名


感染管理認定看護師  小川順子

 2016年4月に感染管理担当者として着任し、感染対策チーム(ICT)の一員として他職種と協力し、感染対策に取り組んでいます。
病院は多くの人が出入りいたします。患者様の中には、ヒトにうつる病気(感染症)の方や免疫力が低下し病気にかかりやすくなっている方もいらっしゃいます。病院に係るすべての人が安心して過ごせるよう、最新情報を取り入れ、現場の方々と一緒に考えながら実践できる感染対策を推進していきたいと思っています。

救急看護認定看護師  迎山 愛

 平成28年7月に救急看護認定看護師が誕生しました。
救急看護認定看護師の役割は、救急医療における患者とその家族のQOLの向上に向けて水準の高い看護を実践することです。その他にも、看護師に対する指導や相談があります。具体的な活動内容は、一次・二次救命処置やトリアージ、ABCDアプローチといった救急看護技術や、重症・急性期にある患者や家族への看護の実践・指導を行うことです。認定取得後は、組織を横断するだけでなく、法人内施設や地域での活動も行なっていきたいと考えています。

部署紹介

東2階病棟

 当病棟は地域包括ケア病棟です。急性期の治療を終えた後、自宅や施設にすぐに帰る事に不安のある患者様に対して、看護師や医療ソーシャルワーカーが中心となり、在宅での生活を見据えてのサービス提供の準備をおこないます。また、退院後に安心して生活を送ることができるよう、ケアマネージャーと協働して介護保険を利用したサービスの導入や調整をしています。

東3階病棟

 腎臓内科・一般内科の混合病棟です。主な入院目的は透析療法の導入期指導と合併症治療ですが、慢性腎臓病の進行に合わせて腎代替療法の療法選択支援を行い、選択した透析療法に必要な手術を行っています。また、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・医療相談員などの医療チームが協働して、可能な限り透析導入を先に延ばせるように腎不全保存期の教育・相談を行っています。透析維持期から終末期までの合併症発症時の治療では、救急24時間体制で外来・透析センターと連携し、毎週火曜日の午後に、透析療法指導看護師が中心となり、腹膜透析看護外来を行っています。透析療法(血液透析・腹膜透析)についての説明や療法選択支援、日常生活指導などが主な内容です。最近では、腹膜透析と血液透析を両方実施する併用療法をしている患者様もいらっしゃいますので、併用療法が可能なことも特徴のひとつです。
 若いスタッフが多く、いつも笑顔で、元気いっぱいに、心をこめて看護しています。

東4病棟

 当病棟は50床の整形外科病棟で、対象疾患は大腿骨頚部骨折・橈骨遠位端骨折・胸腰椎椎体骨折・変形性股関節症・変形性膝関節症などです。手術件数は年間350件で、医師・外来・手術室・病棟で連携をとり、受傷から手術までの待機期間は年々短縮しています。チーム医療を推進しており、理学療法士・医療ソーシャルワーカー・栄養士・薬剤師と連携をとりながら、ADL低下・合併症予防に努め、患者・家族のニーズに応じた退院支援ができるように取り組んでいます。スタッフは笑顔で心のこもった対応を常に心掛け、スタッフ一同協力し合い頑張っている活気あふれる病棟です。

西3階病棟

 当病棟は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)・心不全・洞不全症候群等を中心とする循環器内科を中心とする病棟です。心臓カテーテル検査・経皮的冠動脈形成術・ペースメーカー植え込み術のほか、スワンガンツカテーテル・大動脈バルンパンピング等の特殊検査や重症患者さんの対応を、他職種と連携しながら行っています。
心電図や不整脈・ペースメーカー・人工呼吸器などの勉強会実施や院外研究発表により知識・技術を高めながらチームの和を大切に、お互いを高めながら取り組んでいます。
また、看護師全員(新人看護師)がACLS受講、更に3名のACLSインストラクターにより急変時に慌てることなく対応できるよう頑張っています。
 スタッフ一人ひとりがやりがいをもって仕事ができ、働き続けたいと思える職場を、一緒につくりましょう!!

西4階病棟

 当病棟は、50床の外科病棟です。主に消化器外科疾患の患者様が入院され、多職種が連携しチーム医療を行っております。胆石・胃癌・大腸癌などの外科的手術は、年間約250件行われています。腹腔鏡下の手術や内視鏡的治療など高齢者にも侵襲が少ない治療前後の看護、またご本人様、ご家族様の意向を踏まえた退院支援など対象患者様に合わせた看護の提供を心掛けています。また病棟には皮膚・排泄ケア認定看護師も在籍し、人工肛門や褥瘡、スキンケアの教育に力を入れています。スタッフは4年目以下の若い看護師が多く、ベテラン看護師はキャリアを活かした看護実践を後輩育成に活かし、勉強会も盛んに行われています。

西5階病棟

 西5階病棟は、脳外科と泌尿器科の混合病棟です。脳外科では、くも膜下出血や急性硬膜下血腫などの緊急入院から手術まで、泌尿器科では尿管結石の破砕術や腫瘍摘出術などの患者さんが入院されています。緊急入院が多く回転率が高い病棟ですが、術後の呼吸器管理やドレーン管理など自己のスキルアップがはかれやりがいがあります。若いスタッフが多く活気にあふれ、元気いっぱい!!スタッフ間の仲も良く常に笑顔で働けます!!

手術室

 当院では、主に外科・整形外科・脳外科・眼科・泌尿器科・血管外科・形成外科の手術を年間約1800~1900件実施しています。
整形手術に関しては、日整会による全国調査術前待機期間が4.42日間に対し当院では、81.3%が48時間以内に手術を実施しています。このように短時間で手術を行う為には、全ての部門が協力体制を整えているからだと言えます。寝たきりにさせない為の早期手術を、安全を第一に今後も継続して行きたいと考えます。

外来

 診療部門は、患者様が安心して受診していただけるよう、より良い接遇を心がけています。
看護外来として、フットケア外来、CAPD(腹膜透析)外来を継続して行っており、家族背景、生活習慣を理解し、家庭での自己管理が継続して行えるよう、医師、薬剤師、栄養士と協力しながら多職種でサポートを行なっております。
救急部門では、地域に根ざした急性期病院として、24時間救急患者様に対応できるよう救急受け入れ体制の整備に力を注いでいます。昨年より救急科医師が入職し、救急看護認定看護師とともに地域で発生した救急患者様の受け入れをよりスムーズに行えるよう、更なる救急体制の強化に取り組んでいます。

透析センター

 透析センターは38床有し、150名の患者様が維持透析を受けておられます。透析スケジュールは、月水金(3クール)火木土(5クール)。透析センターでの主な業務は、透析回路の準備・穿刺・返血等も含め、患者様が安定した透析療法が受けられるように、患者指導(体重管理・食事・シャント管理)やデーター管理を行っております。急性期の透析看護は難しいですが、習得することでスキルアップに繋がり看護展開が充実できます。透析療法以外では外科手術後の血液浄化療法、敗血症、DIC等の重症患者様の血液浄化療法(エンドトキシン吸着療法(PM-X)、持続的血液透析濾過(CHDF)にも対応しております。その他、旅行臨時透析や夜間の緊急透析にも対応すべく24時間体制を整えています。

医療安全管理専従看護師  竹内 さゆり

 医療の質の向上と安全文化の醸成を目指し、2017年度より医療安全管理専従者として組織横断的な活動を行なっています。具体的な活動として全職員対象に研修を開催したり、現場をラウンドし、手順の確認をおこなったり、インシデント発生時には、問題点の明確化と再発防止策を見出すよう職員と一体となり取り組んでいます。

新人教育専従  高須 芳美

 当院では、平成22年度より教育担当者を1名配置し、教育体制を充実させています。平成24年度からは、新人看護職員の教育を支援する目的で新人教育専従を1名配置しています。笑顔を大切にし、一人一人の新人の個性を伸ばしていけるように、サポートしていきます。看護実践能力を身につけられるように実施指導者や病棟との連携を図っていますので、安心して学んでください。




入退院支援室

 外来から入院が決定した時点より、入退院に関する専門部門で患者様の取り巻く入退院環境の調整を専門職者と協働し、安心して住み慣れた地域に戻れるよう支援をいたします。




先輩看護師達から 

【東2階  4年目プリセプター F看護師】

 私は地域包括ケア病棟・眼科・糖尿病病棟で働いて4年目となります。病棟全体で患者様の退院支援に関わっています。他職種と協力することが多く、チーム医療を肌で感じることが出来ています。糖尿病患者様は指導の機会が多く、指導によって変化していく過程をみれることにやりがいを感じています。



 

【東3階  入職3年目 H看護師】

 入職して早くも3年が経過しました。1年目の時は覚える事が多く、仕事も要領良く出来ずに日々悩んで落ち込む事もありましたが、優しくもあり厳しくもある先輩方のおかげで少しずつ成長する事が出来ました。スタッフの皆さんが優しいので楽しく過ごせています。
これからも色々な技術や知識を身につけていけるように頑張りたいです。

【西3階  入職2年目 N看護師】

 1年前に親元を離れ、社会人、看護師として2年目に突入しました。初めは不安でいっぱいでしたが、少しずつ職場の雰囲気のも慣れ、先輩や後輩看護師、他職種のスタッフとの仲も深まり今では落ち着いて仕事に望めるようになりました。
循環器病棟の看護師として今後は技術向上の為に、様々な研修への参加や資格取得に挑戦していきたいと思っています。
 

【西4階  ママさん K看護師】

 私は一年間の育休を頂いて、消化器外科に復帰させていただきました。
協和会には託児所があり、子育てしながらでも安心して働くことができます。また、この病棟にはママさん看護師がたくさんいらっしゃるので、子育てについてのアドバイスを頂けてとても心強いです。仕事と子育ての両立を目指して日々頑張っています!



 

【西5階  F看護主任】

 私は、現在脳神経外科・泌尿器科病棟に異動ととなり3年目になりました。病棟の特殊性を活かした看護の提供ができるよう、日々スタッフとともにカンファレンスの充実やケアの統一に努めています。辛く悩むこともありますが、退院した患者様や家族様が、元気になられた姿で病棟へ足を運んでくださった時の喜びを感じることができます。

【手術室  手術看護認定 K看護主任】

 現在、手術室で勤務しながら、家では2児の父として育児や家事の手伝いをしています。協和会グループでは、各施設託児所があることや、ライフワークバランスに関しても力をいれてくれているので、家の家事を手伝う時間や休みの日に子供と遊ぶ時間など作る事が出来ています。

その他

 協立病院では、ACLS委員会を中心にBLS・ACLSの推進活動をしています。
 メンバー皆で熱い思いをもって活動に取り組んでいます。今年度には委員会メンバーより救急認定看護師が誕生しました。

年間教育計画

5月  新人BLS研修
 7月  院内BLS研修
 8月  協立病院ACLSきんたくんコース
 9月  院内BLS研修
 11月  院内BLS研修
 12月  部署ACLSシュミレーション研修
2年目ACLS研修
 1月  協立病院ACLSきんたくんコース
 3月  市民向けBLS