病院について

患者様の権利・推進方針

患者様の権利

医療は患者様と医療提供者とがお互いの信頼関係に基づき協同して作りあげていくものであり、患者様に主体的に参加していただくことが必要です。協立病院はこのような考え方に基づき、ここに『患者権利章典』を制定します。協立病院は、この『患者権利章典』を守り、患者様の医療に対する主体的な参加を支援していきます。

  1. だれでも、良質で安全な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 一人の人間として、その人格価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  3. 病気、検査、治療、予後、リスクなどについて理解しやすい言葉や方法で十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  5. 別の医師の意見(セカンドオピニオン)を受ける権利があります。
  6. 自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  7. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。
  8. すべての患者様が適切な医療を受けられるようにするため、患者様には他の患者さまの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないように配慮する責務があります。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンを希望される患者様へ

他の医療機関・施設でのセカンドオピニオン

当院の治療方針等に関して、他の医療機関・施設でのセカンドオピニオン(主治医以外の医師による助言)をご希望される場合は、主治医にご相談下さい。手続きに必要な紹介状、検査結果等をご用意いたします。

協立病院セカンドオピニオンのご案内

他の医療機関・施設での治療方針等に関して、当院では、患者様がより納得して治療を受けられるように、当院の医師によるセカンドオピニオンを予約制で実施しております。
詳しくはこちらのページ(地域医療連携室/セカンドオピニオン)をご覧ください。


このページのトップヘ

患者・医療者パートナーシップ推進方針

 協立病院では、地域で最も充実した「医療の器」、心と技が調和した「専門の集団」、満足と信頼の「公共の機能」の理念のもと、安全で質の高い医療を提供できるように日々努めていますが、高い医療の質を確保するためには、患者様の医療への主体的な参加が欠かせません。
皆様と私たち職員が豊かな人間性で、お互いをパートナーとして信頼し合い、共通の目標を持って医療の様々な場面に参加して頂くことで、患者様・御家族様との信頼関係・協力関係を築けるよう、下記についての御協力をお願いします。


記 

  • ・「説明と同意」に基づく医療を行っています。説明はできるだけ複数の方でお聞きになって下さい。説明が理解できない場合や、納得できない場合は遠慮なくお尋ね下さい。 
  •  
  • ・他の医師の意見や他院の意見を聞くことについて遠慮なく申し出て下さい。 
  •  
  • ・注射・点滴・検査などを受けられる場合には、職員と共にご自分の名前を御確認下さい。 
  •  
  • ・アレルギーや内服中の薬のこと、これまでの病気のことなど、ご自身の健康に関する情報は出来るだけ正確にお伝え下さい。お薬手帳、薬の説明書、ペースメーカー手帳等は、受診や入院の際にお見せ下さい。 
  •  
  • ・転倒・転落の事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある方は、ご遠慮なくお申し出下さい。 
  •  
  • ・院内感染防止のため、病室に入られる場合は、入り口に備え付けの消毒薬で手の消毒をお願いいたします。 
  •  
  • ・医療の安全を確保するための規則や、他の患者様との共同生活を維持するための約束事をお守り下さい。