病院について

DPCデータによる病院情報の公表

目的

 病院情報の公表については「医療機関のDPCデータの質の向上」、「医療機関のDPCデータの分析力と説明力の向上」を目的とし、平成28年度診療報酬改定において、機能評価係数Ⅱの保険診療指数の新たな項目として追加されました。

令和元年度病院指標

【目的】
病院情報の公開について、以下の通り目的を設定する。
  医療機関のDPCデータの質の向上
  医療機関のDPCデータの分析力と説明力の向上

【集計項目】
1) 年齢階級別退院患者数
2) 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3) 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
4) 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5) 脳梗塞の患者数等
6) 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7) その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

【集計条件及び集計方法】
平成31年4月1日~令和2年3月31日に退院した、一般病棟に1回以上入院した患者さんを集計しました。
(DPC対象外患者、24時間以内に死亡した患者、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植患者は集計対象外です。)
患者数が10未満の数値の場合(0を含む)は、-(ハイフン)で表記しています。
診療科名は、医療法に基づいた標榜診療科名で表記しています。
2) 診断群分類別患者数等、6) 診療科別主要手術別患者数等において、上位5位全ての患者数が10未満の場合、該当診療科の掲載はしていません。
 

1)年齢階級別退院患者数

 TSVファイルダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 48 46 99 176 256 492 1297 1681 725
DPCデータを元に、令和元年度中に当院を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)の内訳です。         
年齢は入院時の年齢として集計しています。         
総数は4,835人で80歳代の患者さんが最も多く、平均年齢は76歳でした。         
超高齢化社会に伴い、60歳以上の患者さんの割合が全体の約87%を占めるという結果になったと考えられます。 

2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】 010

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 242 2.14 2.63 0.83 71.09
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 227 28.71 20.84 22.91 86.23
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 91 4.96 7.65 1.1 72.44
100380xxxxxxxx 体液量減少症 60 10.13 9.13 3.33 65.63
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 53 17.74 12.58 11.32 83.58
当院内科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、、小腸大腸の良性疾患で平均年齢は71.09歳で平均在院日数は2.14日でした。    
②二番目に多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢は86.23歳で平均在院日数は28.71日でした。    
③三番目に多い疾患は、穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患で、平均年齢は72.44歳で平均在院日数は4.96日でした。    
④四番目に多い疾患は、体重減少症(脱水など)で、平均年齢は65.63歳で平均在院日数は10.13日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、腎臓または尿路の感染症で、平均年齢は83.58歳で平均在院日数は17.74日でした。    
昨年度より、内視鏡に力を入れており、内視鏡によるポリープ切除入院が増え、内科で最も多くないます。    
例年同様、誤嚥性肺炎の入院も多く二番目に多くなっています。 

【循環器科】 070
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(経皮的冠動脈形成術等あり) 94 10.45 4.4 3.19  76.84 
050130xx99000x 心不全 67 27.51 17.71 16.42 86.55
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 36 17.39 20.84 25 85.44
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(手術なし・手術・処置等1あり) 34 6.03 3.01 2.94 73.53
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 17 19.24 12.58  17.65 85.47
当院循環器科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、狭心症の経皮的冠動脈形成術を行った症例で平均年齢は76.84歳で平均在院日数は10.45日でした。    
②二番目に多い疾患は、心不全の手術は行わない症例で平均年齢は86.55歳で平均在院日数は27.51日でした。    
③三番目に多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢は85.44歳で平均在院日数は17.39日でした。    
④四番目に多い疾患は、狭心症の心カテのみ行った症例で平均年齢は73.53歳で平均在院日数は6.03日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、腎臓または尿路の感染症で平均年齢は85.47歳で平均在院日数は19.24日でした。    
 ③と⑤に関して、当院では循環器疾患などが既往にある場合は循環器科での入院になるため、    
内科の入院と別に集計しいるためここでも上位となっています。    

【外科】 110 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 41 5.63 4.85 2.44 73.15
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等(腹腔鏡下胆嚢摘出手術あり) 40 12.08 7.13 5 65.23
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 29 10.79 9.79 0 84.34
080010xxxx0xxx 膿皮症 25 13.8 12.55 12 70.8
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 24 8.38 8.89 0 74.96
当院外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、鼠径ヘルニア手術を行った症例で平均年齢73.15歳で平均在院日数は5.63日でした。    
②二番目に多い疾患は、胆嚢炎の腹腔鏡下胆嚢摘出手術を行った症例で平均年齢65.23歳で平均在院日数は12.08日でした。    
③三番目に多い疾患は、胆管(肝内外)結石、胆管炎の手術を行った症例で平均年齢は84.34歳で平均在院日数は10.79日でした。    
④四番目に多い疾患は、膿皮症で平均年齢は70.8歳で平均在院日数は13.8日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、腸閉塞で平均年齢は74.96歳で平均在院日数は8.38日でした。    

【整形外科】 120 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 134 28.06 25.94 72.39 83.75
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 83 24.51 20.74 48.19 81.58
160760xx97xxxx 前腕の骨折 58 3.83 5.54 1.72 62.57
160980xx99x0xx 骨盤損傷 36 23.19 19.59 47.22 81.64
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 31 19.81 19.4 38.71 82.74
当院整形外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、股関節大腿近位骨折の手術を行った症例で平均年齢は83.75歳で平均在院日数は28.06日でした。    
②二番目に多い疾患は、脊椎骨粗鬆症で平均年齢は81.58歳で平均在院日数は24.51日でした。    
③三番目に多い疾患は、前腕の骨折の手術を行った症例で平均年齢は62.57歳で平均在院日数は3.83日でした。    
④四番目に多い疾患は、骨盤損傷で平均年齢は81.64歳で平均在院日数は23.19日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、胸椎・腰椎以下骨折損傷で平均年齢は82.74歳で平均在院日数は19.81日でした。    


【脳神経外科】 150  
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満)エダラボンあり 38 17.68 16.13 39.47 75.55 
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし) 33 5.55 7.34 3.03 78.82
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫(手術あり) 27 13.15 11.86 18.52 83.44
010060x2990201 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満)リハビリあり 25 15.76 16.16 28 76.96
010230xx99x00x  てんかん 24 8.33 7.1 8.33 0
当院脳神経外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、発症3日以内の脳梗塞(JCS10未満)のエダラボン使用した症例で平均年齢は75.55歳で平均在院日数は17.68日でした。    
②二番目に多い疾患は、頭蓋・頭蓋内損傷で平均年齢は78.82歳で平均在院日数は5.55日でした。    
③三番目に多い疾患は、非外傷性硬膜下血腫手術を行った症例で平均年齢は83.44歳で平均在院日数は13.15日でした。    
④四番目に多い疾患は、発症3日以内の脳梗塞(JCS10未満)のリハビリを行った症例で平均年齢は76.96歳で平均在院日数は15.76日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、てんかんで平均年齢は75.42歳で平均在院日数は8.33日でした。    
※脳梗塞は発症時期(3日以内、4日以降又は無症候性)、JCS(10以上、10未満)で診断群が変わります。    
※エダラボンとは、脳梗塞の発作を起こしてから24時間以内に使用開始すると効果のある脳保護薬剤です。    
 脳梗塞になると、脳細胞を破壊する[フリーラジカル]という物質が脳内で発生します。この[フリーラジカル]を除去し、    
 脳の障害を防ぐことにより、脳梗塞の後遺症を軽くする薬です。    


【眼科】 230 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患(両眼) 17 3.41 5.9 76.12
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患(片眼) - - 2.78 - -
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) - - 3.17 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 - - 6.71 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 - - 3.27 - -
当院眼科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、白内障、水晶体の疾患の片眼のみ手術を行った症例で平均年齢は75.76歳で平均在院日数は2.03日でした。    
②二番目に多い疾患は、白内障、水晶体の疾患両眼とも手術を行った症例で平均年齢は79.04歳で平均在院日数は3.92日でした。    
③三番目に多い疾患は、斜視(外傷性・癒着性を除く。)の手術を行った症例で平均年齢は11.2歳で平均在院日数は2.9日でした。    
④四番目に多い疾患は、網膜剥の手術を行った症例で平均年齢は55歳で平均在院日数は12日でした。    
⑤五番目疾患は、眼球の障害の手術を行った症例で平均年齢は71歳で平均在院日数は9日でした。    
当院眼科では、DPC対象外病棟での入院が多いためここでの件数は少なくなっています。  

【泌尿器科】 310 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 71  2.2 2.49 0 71.97
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 41 11.78 12.58 0 75.49
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患(手術なし) 36 2.44 6.71 0 55.83
11012xxx020x0x 上部尿路疾患(経尿道的尿路結石除去術あり) 35 4.74 5.61 0 65.94
11012xxx040x0x 上部尿路疾患(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術あり) 18 2.06 2.64 0 58.17
当院泌尿器科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。     
①最も多い疾患は、前立腺の悪性腫瘍の生検を行った症例で平均年齢は71.97歳で平均在院日数は2.2日でした。     
②二番目に多い疾患は、腎臓または尿路の感染症で平均年齢は75.49歳で平均在院日数は11.78日でした。     
③三番目に多い疾患は、上部尿路疾患(腎結石や尿管結石など)の手術を行わない症例で平均年齢は55.83歳で平均在院日数は2.44日でした。     
④四番目に多い疾患は、上部尿路疾患に対して経尿道的尿路結石除去術を行った症例で平均年齢は65.94歳で平均在院日数は4.74日でした。     
⑤五番目疾患は、上部尿路疾患に対して体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行った症例で平均年齢は58.17歳で平均在院日数は2.06日でした。     
  

3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

TSVファイルダウンロード

  Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 再発 病期分類基準(※) 版数
胃癌 15 - - 13 - -  1 7.8
大腸癌 - 16 - 15 10 - 2  
乳癌 - - - - - - 1  
肺癌 - - - - - - 1 7.8
肝癌 - - - - - - 2  
「5大癌」と呼ばれる、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌について、癌の進行状況によって分類した指標です。          
UICC病期分類に基づき、"T"(原発巣の大きさと進展度)、"N"(所属リンパ節への転移状況)、"M"(遠隔転移の有無)の          
3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類したものです。          
患者数は延患者数で集計しており、TNM分類が不正確等でstageが不明な場合は、「不明」としています。        


4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

 TSVファイルダウンロード

   患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 19 8.26 49.68
中等症 147 20.24 82.33
重症 21 16.86 85.81
 超重症 18 28.22 83.39
不明 - - -
当院に入院された成人(20歳以上)の市中肺炎患者(※1)をA-DROPスコア(※2)を用い、重症度別に集計しました。       
集計対象は医療資源を最も投入した傷病のICD10がJ13~J18$であり、       
インフルエンザ等・ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、小児肺炎は含まれていません。       
       
※1.市中肺炎とは       
    病院外の普段の日常生活の中で発症した肺炎。       
       
※2.A-DROPスコアとは       
    A(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上       
    D(脱水):BUN 21mg/dl以上または脱水あり       
    R(経皮的動脈血酸素飽和度):SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)       
    O(意識障害):意識障害あり       
    P(収縮期血圧):収縮期血圧90mmHg以下       
  5点満で、1項目該当すれば1点、 2項目該当すれば2点。       
    軽症:0点の場合       
    中等症:1~2点の場合       
    重症:3点の場合       
    超重症:4~5点の場合(ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする)       
    不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合       
  

5)脳梗塞のICD10別患者数等

 TSVファイルダウンロード

 ICD10 傷病名  発症日から 患者数 平均在院日数  平均年齢 転院率(%) 
I63$ 脳梗塞  3日以内  144 18.49 80.38 35.15
その他 21 16.95 79.71 4.24
医療資源を最も投入した傷病のICD10がI63$(脳梗塞)である症例を発症日から「3日以内」と「その他」に分けて集計しました。          
当院では脳梗塞の病期、病型、重症度に応じて、抗血栓療法や血栓溶解療法、脳保護療法を組み合わせて治療を行い、          
早期リハビリテーションを行います。急性期治療を終えたがすぐの在宅復帰が難しい患者さんは、          
回復期リハビリテーションなど、在宅復帰に向けたリハビリを実施している病院へ転院していただいてます。          
また、24時間体制で救急患者の対応をしているため、発症3日以内の急性期の脳梗塞患者数が多くなっています。          



6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

TSVファイルダウンロード
【内科】 010

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 247 0.78 1.89 1.62 71.78
K610-3 内シャント設置術 35 8.11 14.43 11.43 72.03
K654 内視鏡的消化管止血術 33 2.33 14.36 12.12 77.94
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 26 3.73 6.08 42.31 78.81
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 24 13.58 16.42 83.33 76.96

当院内科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)で、結腸ポリープに対して行う手術です。    
②二番目に多いのは、内シャント設置術で、血液透析を行うためのシャントをつくるための手術です。    
③三番目に多いのは、内視鏡的消化管止血術で、胃・十二指腸潰瘍や憩室出血、直腸潰瘍などに対して行う手術です。    
④四番目に多いのは、経皮的シャント拡張術・血栓除去術で、血液シャント狭窄・閉塞に対して行う手術です。    
⑤五番目に多いのは、胃瘻造設術で、脳梗塞の後遺症などで経口摂取が困難となった患者さんに対して行う手術です。    


【循環器科】 070 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 107 5.07 7.65 6.54 76.69
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 5.09 6.04 8.7 79.74
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 18 7.67 27.22 16.67 85.94
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
当院循環器科で実施している主要な手術をあらわした指標です。     
①最も件数が多いのは、経皮的冠動脈ステント留置術(その他)で、狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患に対して行う手術です。     
②二番目に多いのは、四肢の血管拡張術・血栓除去術で、閉塞性動脈疾患や重症下肢虚血や動脈狭窄症に対して行う手術です。     
③三番目に多いのは、ペースメーカー移植術(経静脈電極)で、洞不全症候群や房室ブロックなど重篤な徐脈性不整脈に対して行う手術です。     
④四番目に多いのは、経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)で、狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患に対して行う手術です。     
⑤五番目に多いのは、経皮的冠動脈形成術(その他)で、狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患に対して行う手術です。     

【外科】 110 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 8.23 10.69 18.75 69.44
K6335 鼠径ヘルニア手術 27 0.81 4.85 3.7 76.67
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 27 4.15 10.59 22.22 80.22
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 19 2.74 8.47 15.79 87.89
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 16 0.31 3.19 65.5

当院外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、腹腔鏡下胆嚢摘出術で、胆嚢炎や胆嚢結石などに対して行う手術です。    
②二番目に多いのは、鼠径ヘルニア手術で、鼠径ヘルニアに対して行う手術です。    
③三番目に多いのは、内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)で、膵胆道系疾患に対して行う手術です。    
④四番目に多いのは、内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD)で、胆嚢癌や胆管結石に対して行う手術です。    
⑤五番目に多いのは、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術で、腹腔鏡下を用いた鼠径ヘルニアに対して行う手術です。    


【整形外科】 120  

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 117 1.79 27.04 54.7 83.15
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 72 0.72 8.22 1.39 68.01
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 50 2.28 26.74 82 84.22
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(前腕、下腿) 31 0.19 2.48 62.97
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他) 20 0.5 6.8 0 47.35
当院整形外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)で、肩・上腕・大腿の骨折に対して行う手術です。    
 当院で特に多いのは大腿骨の骨折です。    
②二番目に多いのは、骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)で、前腕・下腿・手舟状骨の骨折に対して行う手術です。    
 当院で特に多いのは橈骨遠位端骨折です。    
③三番目に多いのは、人工骨頭挿入術(肩、股)で、当院では主に股関節・大腿骨頚部の骨折に行う手術です。    
④四番目に多いのは、骨内異物(挿入物)除去術(前腕、下腿)で、骨折などの治療の為挿入した挿入物や骨内の異物を取り除く手術です。    
⑤五番目に多いのは、骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他)で、    
 鎖骨・膝蓋骨・手・足・指の骨折に対して行う手術です。    
※当院では術後早期にリハビリテーションを開始し、継続的なリハビリが必要な方には地域のリハビリ病院などへの転院が多くなっています。    
 平均年齢が高いほど、転院率が高くなっています。    


【脳神経外科】 150 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 0.65 12.22 18.92 82.89
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(左股) - - - - -
当院脳神経外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で、慢性硬膜下血腫に対して行う手術です。    


【眼科】 230 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 27 0 1.85 0 76.04
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2423 斜視手術(前転法と後転法) - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
当院眼科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他で、白内障に対して行う手術です。    
当院での白内障手術では、事前に外来での術前検査を行うことにより片目では一泊二日、    
両眼では三泊四日と患者さんの負担にならない短期での入院治療が可能になっております。    


【泌尿器科】 310 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 34 0.65 3.18 65.71
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 28 1.18 5 3.57 76.93
K834-3 顕微鏡下精索静脈瘤手術 24 0.04 1.63 0 31.67
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 3.52 13.76 9.52 67.86
K841-5 経尿道的前立腺核出術 19 1.47 6.63 5.26 76.63
当院泌尿器科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは経尿道的尿路結石除去術(レーザー)で、尿管結石に対して行う手術です。    
②二番目に多いのは、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもので、膀胱癌に対して行う手術です。    
③三番目に多いのは、顕微鏡下精索静脈瘤手術で、精巣静脈瘤による痛みや男性不妊症に対して行う手術です。    
④四番目に多いのは、経尿道的尿管ステント留置術で、結石や尿路感染に対して行う手術です。    
⑤五番目に多いのは、経尿道的前立腺核出術(TUEB)で、前立腺肥大症に対して行う手術です。    



7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 TSVファイルダウンロード

 DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 15 0.31
180010 敗血症 同一 13 0.27
異なる 18 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 43 0.89
異なる - -
この指標は、DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症などの感染症、および、手術・処置後の合併症の発生率を表したものです。         
入院契機が「同一」の症例とは、ある疾患に対する診療目的に入院し、その疾患にたいして診療をおこなった症例のことで、         
入院契機が「異なる」の症例とは、ある疾患に対する診療目的に入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した         
別の疾患に対する診療が主になった症例のことを表しています。         
         
令和元年度当院では入院時から重症で播種性血管内凝固症候群の治療目的に入院する症例「同一」よりも、         
他の感染症などの疾患で入院後に発症する「異なる」より多くなっています。         
         
また手術・処置等の合併症では「同一」が最も多くなっています。その約半数は透析シャントの狭窄・閉塞での入院で、         
そのほかには、人工関節のゆるみや脱臼などが多くなっています。
         
【主な手術・処置等の合併症の内訳】 
・術後感染症 
・吻合部狭窄 
・術後縫合不全 
・後出血 
・薬剤性ショック 
・予防接種後感染 
・透析シャント狭窄・閉塞 
・CAPD腹膜炎 
・LPシャント機能不全 
・人工関節のゆるみ・脱臼・破損 
・人工関節感染 
・人工骨頭移動・破損 
・カテーテル感染症 
    

平成30年度病院指標

【目的】
病院情報の公開について、以下の通り目的を設定する。
  医療機関のDPCデータの質の向上
  医療機関のDPCデータの分析力と説明力の向上

【集計項目】
1) 年齢階級別退院患者数
2) 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3) 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
4) 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5) 脳梗塞の患者数等
6) 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7) その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

【集計条件及び集計方法】
平成30年4月1日~平成31年3月31日に退院した、一般病棟に1回以上入院した患者さんを集計しました。
(DPC対象外患者、24時間以内に死亡した患者、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植患者は集計対象外です。)
患者数が10未満の数値の場合(0を含む)は、-(ハイフン)で表記しています。
診療科名は、医療法に基づいた標榜診療科名で表記しています。
2) 診断群分類別患者数等、6) 診療科別主要手術別患者数等において、上位5位全ての患者数が10未満の場合、該当診療科の掲載はしていません。


 

1)年齢階級別退院患者数

 TSVファイルダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 45 90 76 159 254 533 1291 1698 703
DPCデータを元に、平成30年度中に当院を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)の内訳です。         
年齢は入院時の年齢として集計しています。         
総数は4,860人で80歳代の患者さんが最も多く、平均年齢は76歳でした。         
超高齢化社会に伴い、60歳以上の患者さんの割合が全体の約87%を占めるという結果になったと考えられます。 



2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】 010

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 235  26.82  20.92  24.26  86.54 
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 96  2.69  2.67  1.04  74.33 
100380xxxxxxxx 体液量減少症 80  11.01  9.12  3.75  64.96 
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 66  8.08  7.40  7.58  71.27 
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 65  18.26  12.05  16.92  75.78 
当院内科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢は86.54歳で平均在院日数は24.26日でした。    
②二番目に多い疾患は、小腸大腸の良性疾患で平均年齢は74.33歳で平均在院日数は2.69日でした。    
③三番目に多い疾患は、体重減少症(脱水など)で、平均年齢は64.96歳で平均在院日数は11日でした。    
④四番目に多い疾患は、食道、胃、十二指腸、他腸の炎症で平均年齢71.27歳で平均在院日数は8.08日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、慢性的な腎疾患で透析患者さんなどが多く平均年齢は75.78歳で平均在院日数は18.3日でした。    
昨年度同様、高齢者の誤嚥性肺炎での入院が最も多くなっています。    
また、今年度内視鏡にも力をいれており、昨年度上位になかった消化器内科の疾患が上がってきたと考えられます。

【循環器科】 070
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(経皮的冠動脈形成術あり) 77  6.55  4.47  1.3  72.7 
050130xx99000x 心不全(手術なし) 69  20.28  17.66  7.25  85.17 
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(手術なし、心カテあり) 37  6.46  3.01  2.7  73.54 
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 35  24.2  20.92  20  85.89 
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 17  22.47  12.58  11.76  87 
当院循環器科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、狭心症の経皮的冠動脈形成術を行った症例で平均年齢は72.7歳で平均在院日数は6.55日でした。    
②二番目に多い疾患は、心不全の手術は行わない症例で平均年齢は85.17歳で平均在院日数は20.3日でした。    
③三番目に多い疾患は、狭心症の心カテのみ行った症例で平均年齢は73.54歳で平均在院日数は6.46日でした。    
④四番目に多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢は85.89歳で平均在院日数は24.2日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、腎臓または尿路の感染症で平均年齢は87歳で平均在院日数は22.5日でした。    
 ④と⑤に関して、当院では循環器疾患などが既往にある場合は循環器科での入院になるため、    
内科の入院と別に集計しいるためここでも上位となっていると考えます。 

【外科】 110 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 45  6.36  4.96  6.67  70.89 
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等(腹腔鏡下胆嚢摘出手術あり) 33  9.21  7.30  62.85 
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 30  7.43  8.95  10  74.1 
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 24  14.13  10.08  12.5  83.67 
060150xx02xxxx 虫垂炎(手術あり)膿瘍を伴う 17  8.53  9.94  53.35 
当院外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。     
①最も多い疾患は、鼠径ヘルニア手術を行った症例で平均年齢70.89歳で平均在院日数は6.36日でした。     
②二番目に多い疾患は、胆嚢炎の腹腔鏡下胆嚢摘出手術を行った症例で平均年齢62.85歳で平均在院日数は9.21日でした。     
③三番目に多い疾患は、腸閉塞で平均年齢は74.1歳で平均在院日数は7.43日でした。     
④四番目に多い疾患は、胆管(肝内外)結石、胆管炎の手術を行った症例で平均年齢は83.67歳で平均在院日数は14.1日でした。     
⑤五番目に多い疾患は、虫垂炎の手術を行い膿瘍を伴う症例で平均年齢は53.35歳で平均在院日数は8.53日でした。

【整形外科】 120 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折(手術あり) 129  26.62  26.30  67.44  84.81 
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 81  24.93  25.23  39.51  82.1 
160760xx97xxxx 前腕の骨折(手術あり) 42  4.07  5.68  61.19 
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 29  19.03  19.61  13.79  81.9 
160980xx99x0xx 骨盤損傷 26  27.23 19.32  30.77  84.46 
当院整形外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。    
①最も多い疾患は、股関節大腿近位骨折の手術を行った症例で平均年齢は84.81歳で平均在院日数は26.6日でした。    
②二番目に多い疾患は、脊椎骨粗鬆症で平均年齢は82.1歳で平均在院日数は24.9日でした。    
③三番目に多い疾患は、前腕の骨折の手術を行った症例で平均年齢は61.19歳で平均在院日数は4.07日でした。    
③三番目に多い疾患は、胸椎・腰椎以下骨折損傷で平均年齢は81.9歳で平均在院日数は19日でした。    
⑤五番目に多い疾患は、骨盤損傷で平均年齢は84.46歳で平均在院日数は27.2日でした。 

【脳神経外科】 150  
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満)エダラボンあり 65  16.98  16.18  35.38  74.14 
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし) 39  7.08  7.35  12.82  75.97 
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫(手術あり) 25  12.68  11.80  28  81.08 
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術あり) 22  4.82  9.69  9.09  78.36 
010040x099000x  非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)手術なし 21  18.24  18.72  52.38  72.71 
当院脳神経外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。     
①最も多い疾患は、発症3日以内の脳梗塞(JCS10未満)のエダラボン使用した症例で平均年齢は74.14歳で平均在院日数は17日でした。     
②二番目に多い疾患は、頭蓋・頭蓋内損傷で平均年齢は75.97歳で平均在院日数は7.08日でした。     
③三番目に多い疾患は、非外傷性硬膜下血腫手術を行った症例で平均年齢は81.08歳で平均在院日数は12.7日でした。     
④四番目に多い疾患は、頭蓋・頭蓋内損傷の手術を行った症例で平均年齢は78.36歳で平均在院日数は4.82日でした。     
⑤五番目に多い疾患は、非外傷性頭蓋内血腫で平均年齢は72.71歳で平均在院日数は72.71日でした。     
※脳梗塞は発症時期(3日以内、4日以降又は無症候性)、JCS(10以上、10未満)で診断群が変わります。     
※エダラボンとは、脳梗塞の発作を起こしてから24時間以内に使用開始すると効果のある脳保護薬剤です。     
 脳梗塞になると、脳細胞を破壊する[フリーラジカル]という物質が脳内で発生します。この[フリーラジカル]を除去し、     
 脳の障害を防ぐことにより、脳梗塞の後遺症を軽くする薬です。  

【眼科】 230 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患(片眼手術あり) 37 2.03  2.84  75.76 
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患(両眼手術あり) 25 3.92  5.39  79.04 
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 10 2.9  3.22  11.2 
020160xx97xxx0 網膜剥離 - -
020360xx97xxxx 眼球の障害 -
当院眼科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。     
①最も多い疾患は、白内障、水晶体の疾患の片眼のみ手術を行った症例で平均年齢は75.76歳で平均在院日数は2.03日でした。     
②二番目に多い疾患は、白内障、水晶体の疾患両眼とも手術を行った症例で平均年齢は79.04歳で平均在院日数は3.92日でした。     
③三番目に多い疾患は、斜視(外傷性・癒着性を除く。)の手術を行った症例で平均年齢は11.2歳で平均在院日数は2.9日でした。     
④四番目に多い疾患は、網膜剥の手術を行った症例で平均年齢は55歳で平均在院日数は12日でした。     
⑤五番目疾患は、眼球の障害の手術を行った症例で平均年齢は71歳で平均在院日数は9日でした。 

【泌尿器科】 310 
DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 68  2.04  2.53  72.69 
110070xx02020x 膀胱腫瘍(経尿道的膀胱悪性腫瘍手術あり) 35  6.63  7.40  73.97 
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患(手術なし) 34  2.38  5.86  51.32 
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 29  13.41  12.58  6.9  73.41 
11012xxx040x0x 上部尿路疾患(手術あり) 23  1.96  2.72  64.52 
当院泌尿器科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。      
①最も多い疾患は、前立腺の悪性腫瘍の生検を行った症例で平均年齢は72.69歳で平均在院日数は2.04日でした。      
②二番目に多い疾患は、膀胱腫瘍の経尿道的膀胱悪性腫瘍手術を行った症例で平均年齢は73.97歳で平均在院日数は6.63日でした。      
③三番目に多い疾患は、上部尿路疾患(腎結石や尿管結石など)の手術を行わない症例で平均年齢は51.32歳で平均在院日数は2.38日でした。      
④四番目に多い疾患は、尿路感染症で平均年齢は73.41歳で平均在院日数は13.4日でした。      
⑤五番目疾患は、上部尿路疾患(腎結石や尿管結石など)の手術を行った症例で平均年齢は64.52歳で平均在院日数は1.96日でした。 


3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

TSVファイルダウンロード

  Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 再発 病期分類基準(※) 版数
胃癌 - - - 14 13 -  1 6,7
大腸癌 - - - - 12 13 1 6,7
乳癌 - - - - - - 1  
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1  
  「5大癌」と呼ばれる、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌について、癌の進行状況によって分類した指標です。         
UICC病期分類に基づき、"T"(原発巣の大きさと進展度)、"N"(所属リンパ節への転移状況)、"M"(遠隔転移の有無)の         
3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類したものです。         
患者数は延患者数で集計しており、TNM分類が不正確等でstageが不明な場合は、「不明」としています。 


4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

 TSVファイルダウンロード

   患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 29 9.34 55.48
中等症 149 19.6 84.03
重症 32 19.03 82.09
 超重症 14 17.43 85.5
不明 - - -
当院に入院された成人(20歳以上)の市中肺炎患者(※1)をA-DROPスコア(※2)を用い、重症度別に集計しました。         
集計対象は医療資源を最も投入した傷病のICD10がJ13~J18$であり、         
インフルエンザ等、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、小児肺炎は含まれていません。         
         
※1.市中肺炎とは         
    病院外の普段の日常生活の中で発症した肺炎。         
         
※2.A-DROPスコアとは         
    A(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上         
    D(脱水):BUN 21mg/dl以上または脱水あり         
    R(経皮的動脈血酸素飽和度):SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)         
    O(意識障害):意識障害あり         
    P(収縮期血圧):収縮期血圧90mmHg以下         
  5点満で、1項目該当すれば1点、 2項目該当すれば2点。         
    軽症:0点の場合         
    中等症:1~2点の場合         
    重症:3点の場合         
    超重症:4~5点の場合(ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする)         
    不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合 

5)脳梗塞のICD10別患者数等

 TSVファイルダウンロード

 ICD10 傷病名  発症日から 患者数 平均在院日数  平均年齢 転院率(%) 
I63$ 脳梗塞  3日以内  186 18.91 78.32 35.05
その他 28 13.32 73.64 3.27
医療資源を最も投入した傷病のICD10がI63$(脳梗塞)である症例を発症日から「3日以内」と「その他」に分けて集計しました。          
当院では脳梗塞の病期、病型、重症度に応じて、抗血栓療法や血栓溶解療法、脳保護療法を組み合わせて治療を行い、          
早期リハビリテーションを行い、急性期治療を終えた患者さんは、          
回復期リハビリテーションなど、在宅復帰に向けたリハビリを実施している病院へ転院していただきます。          
また、24時間体制で救急患者の対応をしているため、発症3日以内の急性期の脳梗塞患者数が多くなっています。



6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

TSVファイルダウンロード
【内科】 010

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 結腸ポリープEMR(長径2cm未満) 110  1.46  2.9  2.73  74.03 
K654 内視鏡的消化管止血術 42  2.4  19.36  23.81  75.79 
K610-3 内シャント設置術 41  6.85  18.44  14.63  75.8 
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 34  14.5 24.15  73.53  82.94 
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 19  6.89  8.47  10.53  78.26 
当院内科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)で、結腸ポリープに対して行う手術です。    
②二番目に多いのは、内視鏡的消化管止血術で、胃・十二指腸潰瘍や憩室出血、直腸潰瘍などに対して行う手術です。    
③三番目に多いのは、内シャント設置術で、血液透析を行うためのシャントをつくるための手術です。    
④四番目に多いのは、胃瘻造設術で、脳梗塞の後遺症などで経口摂取が困難となった患者さんに対して行う手術です。    
⑤五番目に多いのは、経皮的シャント拡張術・血栓除去術で、血液シャント狭窄・閉塞に対して行う手術です。    

【循環器科】 070 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 86  4.14  6.64  3.49  73.83 
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 18  3.56  10.28  27.78  74.56 
K597-2 ペースメーカー交換術 14  1.14  15.86  7.14  82.86 
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 12  6.42  24.33  8.33  84.42 
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
当院循環器科で実施している主要な手術をあらわした指標です。      
①最も件数が多いのは、経皮的冠動脈ステント留置術(その他)で、狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患に対して行う手術です。      
②二番目に多いのは、四肢の血管拡張術・血栓除去術で、閉塞性動脈疾患や重症下肢虚血や動脈狭窄症に対して行う手術です。      
③三番目に多いのは、ペースメーカー交換術で、電池の消耗により植込後約6年以降にペースメーカーを交換する手術です。      
④四番目に多いのは、ペースメーカー移植術(経静脈電極)で、洞不全症候群や房室ブロックなど重篤な徐脈性不整脈に対して行う手術です。      
⑤五番目に多いのは、経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)で、狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患に対して行う手術です。

【外科】 110 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60  6.37  9.45  6.67  68.07 
K6335 鼠径ヘルニア手術 26  0.88  6.46  15.38  78.5 
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 25  5.24  15.72  24  86.8 
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 23  0.3  4.3  4.35  63.7 
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 17  0.82  6.71  53.35 
当院外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、腹腔鏡下胆嚢摘出術で、胆嚢炎や胆嚢結石などに対して行う手術です。    
②二番目に多いのは、鼠径ヘルニア手術で、鼠径ヘルニアに対して行う手術です。    
③三番目に多いのは、内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD)で、胆嚢癌や胆管結石に対して行う手術です。    
④四番目に多いのは、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術で、腹腔鏡下を用いた鼠径ヘルニアに対して行う手術です。    
⑤五番目に多いのは、腹腔鏡下虫垂切除1(周囲膿瘍伴わないもの)で、急性虫垂炎に対して行う手術です。 

【整形外科】 120  
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 110  1.85  23.32  59.09  81.28 
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 65  1.12  10.88  1.54 67 
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 48  1.94  27.04  68.75  85 .35
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(前腕、下腿) 21 0.05  1.33  60.14 
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 21 2.43  26.71  47.62 74.57 
当院整形外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)で、肩・上腕・大腿の骨折に対して行う手術です。    
 当院で特に多いのは大腿骨の骨折です。    
②二番目に多いのは、骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)で、前腕・下腿・手舟状骨の骨折に対して行う手術です。    
 当院で特に多いのは橈骨遠位端骨折です。    
③三番目に多いのは、人工骨頭挿入術(肩、股)で、当院では主に股関節・大腿骨頚部の骨折に行う手術です。    
④四番目に多いのは、骨内異物(挿入物)除去術(前腕、下腿)で、骨折などの治療の為挿入した挿入物や骨内の異物を取り除く手術です。    
⑤五番目に多いのは、人工関節置換術(肩、股、膝)で、肩・股・膝の関節症や骨頭壊死に対して行う手術です。    
※当院では術後早期にリハビリテーションを開始し、地域のリハビリ病院などへの転院が多くなっています。

【脳神経外科】 150 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 0.86 14.3 24.32 83
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング 1箇所 - - - - -
当院脳神経外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。   
①最も件数が多いのは、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で、慢性硬膜下血腫に対して行う手術です。 

【眼科】 230 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他 61 0 1.72 0 77.41
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2425 斜視手術(直筋の前後転法と斜筋手術) - - - - -
K244 眼筋移動術 - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
当院眼科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他で、白内障に対して行う手術です。    
当院での白内障手術では、事前に外来での術前検査を行うことにより片目では一泊二日、    
両眼では三泊四日と患者さんの負担にならない短期での入院治療が可能になっております。

【泌尿器科】 310 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 50  0.94  6.98  75.38 
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 24  0.92  1.13  65.38 
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23  0.91  13.17  13.04  74.13 
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 15  6.93  20  76.13 
K841-5 経尿道的前立腺核出術(TUEB) 15  3.2  7.73  73.6 
当院泌尿器科で実施している主要な手術をあらわした指標です。    
①最も件数が多いのは、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもので、膀胱癌に対して行う手術です。    
②二番目に多いのは、体外衝撃波腎.尿管結石破砕術で、尿管結石や腎結石などに対して行う手術です。    
③三番目に多いのは、経尿道的尿管ステント留置術で、結石や尿路感染に対して行う手術です。    
④四番目に多いのは、膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術で、膀胱・腎・尿管などの結石に対して行う手術です。    
⑤五番目に多いのは、経尿道的前立腺核出術(TUEB)で、前立腺肥大症に対して行う手術です。



7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 TSVファイルダウンロード

 DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 19 0.39
異なる 16 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 45 0.93
異なる - -
この指標は、DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症などの感染症、および、手術・処置後の合併症の発生率を表したものです。         
入院契機が「同一」の症例とは、ある疾患に対する診療目的に入院し、その疾患にたいして診療をおこなった症例のことで、         
入院契機が「異なる」の症例とは、ある疾患に対する診療目的に入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した         
別の疾患に対する診療が主になった症例のことを表しています。         
         
平成30年度当院では入院時から感染が重症で敗血症をおこして入院する症例「同一」が、         
他の疾患で入院後に発症する「異なる」よりやや多くなっています。         
         
また手術・処置等の合併症では「同一」が最も多くなっています。その約半数は透析シャントの狭窄・閉塞での入院で、         
そのほかには、人工関節のゆるみや脱臼などが多くなっています。         
         
【主な手術・処置等の合併症の内訳】         
・術後感染症         
・吻合部狭窄         
・術後縫合不全         
・後出血         
・薬剤性ショック         
・予防接種後感染         
・透析シャント狭窄・閉塞         
・CAPD腹膜炎         
・LPシャント機能不全         
・人工関節のゆるみ・脱臼・破損         
・人工関節感染         
・人工骨頭移動・破損         
・カテーテル感染症 


平成29年度病院指標

【目的】
病院情報の公開について、以下の通り目的を設定する。
  医療機関のDPCデータの質の向上
  医療機関のDPCデータの分析力と説明力の向上

【集計項目】
1) 年齢階級別退院患者数
2) 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3) 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
4) 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5) 脳梗塞の患者数等
6) 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7) その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

【集計条件及び集計方法】
平成29年4月1日~平成30年3月31日に退院した、一般病棟に1回以上入院した患者さんを集計しました。
(DPC対象外患者、24時間以内に死亡した患者、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植患者は集計対象外です。)
患者数が10未満の数値の場合(0を含む)は、-(ハイフン)で表記しています。
診療科名は、医療法に基づいた標榜診療科名で表記しています。
2) 診断群分類別患者数等、6) 診療科別主要手術別患者数等において、上位5位全ての患者数が10未満の場合、該当診療科の掲載はしていません。
 

1)年齢階級別退院患者数

 TSVファイルダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 50 73 86 179 246 568 1520 1819 661
DPCデータを元に、平成29年度中に当院を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)の内訳です。         
年齢は入院時の年齢として集計しています。         
総数は5,210人で80歳代の患者さんが最も多く、平均年齢は75.7歳でした。         
超高齢化社会に伴い、60歳以上の患者さんの割合が全体の約87%を占めるという結果になったと考えられます。



2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】 010

DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 224 25.13 20.83 20.54 85.71
100380xxxxxxxx 体液量減少症 88 8.16 9.16 4.55 72.88
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 73 17.62 12.23 12.33 75.64
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 71 4.85 7.87 4.23 72.92
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 69 15.32 13.51 5.8 84.36
当院内科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。     
①最も多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢は85.71歳で平均在院日数は25.13日でした。     
②二番目に多い疾患は、体液量減少症(脱水など)で平均年齢は72.88歳で平均在院日数は8.16日でした。     
③三番目に多い疾患は、慢性的な腎疾患で透析患者さんなどが多く、平均年齢は75.64歳で平均在院日数は17.62日でした。     
④四番目に多い疾患は、穿孔や膿瘍を伴わない憩室炎で平均年齢72.92歳で平均在院日数は4.85日でした。     
⑤五番目に多い疾患は、75歳以上の市中肺炎で平均年齢は84.36歳で平均在院日数は15.32日でした。     
※肺炎(誤嚥性肺炎、間質性肺炎は除く)は、市中肺炎かそれ以外(院内肺炎、百日咳など)、     
年齢別(0歳、1~15歳、15~65歳、65~75歳、75歳以上)で診断群が変わります。 

【循環器科】 070
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
050130xx99000x 心不全 86 21.71 17.71 13.95 84.44
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 44 14.25 4.62 6.82 76.3
050210xx97000x 徐脈性不整脈 34 18.32 11.21 5.88 80.12
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 26 22.38 20.83 15.38 87.88
050130xx97000x 心不全 16 34.63 24.51 0 84.63
当院循環器科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。      
①最も多い疾患は、心不全の手術は行わない症例で平均年齢は84.44歳で平均在院日数は21.71日でした。      
②二番目に多い疾患は、狭心症で経皮的冠動脈形成術を行った症例で平均年齢は76.3歳で平均在院日数は14.25日でした。      
③三番目に多い疾患は、徐脈性不整脈の手術を行った症例で平均年齢は80.12歳で平均在院日数は18.32日でした。      
④四番目に多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢は87.88歳で平均在院日数は22.38日でした。      
 循環器疾患などが既往にある場合は循環器科での入院になるため、内科の入院と別に集計しています。      
⑤五番目に多い疾患は、心不全の手術を行った症例で平均年齢は84.63歳で平均在院日数は34.63日でした。

【外科】 110 
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 27 11.59 7.4 7.41 65.44
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 21 7.67 8.98 0 77.71
060150xx03xxxx 虫垂炎 20 6.9 5.56 0 38.2 
060150xx02xxxx 虫垂炎 15 13 9.88 6.67 62.67
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 14 40 30.71 14.29 76.21
当院外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。      
①最も多い疾患は、胆嚢炎の腹腔鏡下胆嚢摘出手術を行った症例で平均年齢65.44歳で平均在院日数は11.59日でした。      
②二番目に多い疾患は、腸閉塞で平均年齢77.71歳で平均在院日数は7.67日でした。      
③三番目に多い疾患は、虫垂炎の手術を行い虫垂周囲膿瘍を伴わない症例で平均年齢は38.2歳で平均在院日数は6.9日でした。      
④四番目に多い疾患は、虫垂炎の手術を行い膿瘍を伴う症例で平均年齢は62.67歳で平均在院日数は13日でした。      
⑤五番目に多い疾患は、結腸の悪性腫瘍で結腸切除術を行った症例で平均年齢は76.21歳で平均在院日数は40日でした。 

【整形外科】 120 
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 102 28.37 27.09 70.59 85.34 
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 65 29.54 22.44 16.92 83.92
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 49 27.41 19.94 30.61 80.2
160760xx97xx0x 前腕の骨折 48 3.46 5.21 0 62.29
160980xx99x0xx 骨盤損傷 25 29.68 19.97 24 79.52
当院整形外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。
①最も多い疾患は、股関節大腿近位骨折の手術を行った症例で平均年齢は85.34歳で平均在院日数は28.37日でした。
②二番目に多い疾患は、脊椎骨粗鬆症で平均年齢は83.92歳で平均在院日数は29.54日でした。
③三番目に多い疾患は、胸椎・腰椎以下骨折損傷で平均年齢は80.2歳で平均在院日数は27.41日でした。
④四番目に多い疾患は、前腕の骨折の手術を行った症例で平均年齢は62.29歳で平均在院日数は3.46日でした。
⑤五番目に多い疾患は、骨盤損傷で平均年齢は79.52歳で平均在院日数は29.68日でした。

【脳神経外科】 150  
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 36 15.39 16.38 25 77.44
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 23 6.96 9.68 8.7 79.13
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 20 4.5 7.34 15 72.4
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 15 20.4 18.34 20 77.93
010060x2990201  脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 14 15.14 16.51 14.29 69.36
当院脳神経外科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。 
①最も多い疾患は、発症3日以内の脳梗塞(JCS10未満)のエダラボン使用した症例で平均年齢は77.44歳で平均在院日数は15.39日でした。 
②二番目に多い疾患は、頭蓋・頭蓋内損傷の手術を行った症例で平均年齢は79.13歳で平均在院日数は6.96日でした。 
③三番目に多い疾患は、頭蓋・頭蓋内損傷で平均年齢は72.4歳で平均在院日数は4.5日でした。 
④四番目に多い疾患は、発症3日以内の脳梗塞(JCS10未満)のエダラボン使用し不整脈等の副傷病がある症例で平均年齢は77.93歳で 
 平均在院日数は20.4日でした。 
⑤五番目に多い疾患は、発症3日以内の脳梗塞(JCS10未満)のリハビリを中心に診療を行った症例で平均年齢は69.36歳で 
 平均在院日数は15.14日でした。 
※脳梗塞は発症時期(3日以内、4日以降又は無症候性)、JCS(10以上、10未満)で診断群が変わります。 
※エダラボンとは、脳梗塞の発作を起こしてから24時間以内に使用開始すると効果のある脳保護薬剤です。 
 脳梗塞になると、脳細胞を破壊する[フリーラジカル]という物質が脳内で発生します。この[フリーラジカル]を除去し、 
 脳の障害を防ぐことにより、脳梗塞の後遺症を軽くする薬です。 

【泌尿器科】 310 
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 46 3.8 5.39 0 56.15
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 27 14.59 12.34 7.41 81.26
11022xxx03xxxx 男性生殖器疾患 24 3.25 3.24 0 31.96
110070xx02020x 膀胱腫瘍 21 6.86 7.64 9.52 77.67
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 15 7 9.73 0 81
当院泌尿器科で、入院患者数の多い疾患(上位5位まで)をあらわした指標です。  
①最も多い疾患は、上部尿路疾患(腎結石や尿管結石など)で平均年齢は56.15歳で平均在院日数は3.8日でした。  
②二番目に多い疾患は、尿路感染症で平均年齢は81.26歳で平均在院日数は14.59日でした。  
③三番目に多い疾患は、男性生殖器疾患(陰嚢静脈瘤、男性不妊症、精巣炎など)の精索静脈瘤手術を行った症例で  
 平均年齢は31.96歳で平均在院日数は3.25日でした。  
④四番目に多い疾患は、膀胱腫瘍の経尿道的膀胱悪性腫瘍手術を行った症例で平均年齢は77.67歳で平均在院日数は6.86日でした。  
⑤五番目に多い疾患は、前立腺肥大症の経尿道的前立腺手術を行った症例で平均年齢は81歳で平均在院日数は7日でした。


3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

 TSVファイルダウンロード

  Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 再発 病期分類基準(※) 版数
胃癌 14 - - - - -  1 6,7
大腸癌 - 10 10 12 - - 1 6,7
乳癌 - - - - - - 1  
肺癌 - - - - - - 1 6,7
肝癌 - - - - - - 1 6,7
  「5大癌」と呼ばれる、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌について、癌の進行状況によって分類した指標です。 
UICC病期分類に基づき、"T"(原発巣の大きさと進展度)、"N"(所属リンパ節への転移状況)、"M"(遠隔転移の有無)の 
3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類したものです。 
患者数は延患者数で集計しており、TNM分類が不正確等でstageが不明な場合は、「不明」としています。 


4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

 TSVファイルダウンロード

   患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 22 9.59 57.14
中等症 178 18.02 82.62
重症 34 18.91 85.44
 超重症 19 13.89 80.26
不明 - - -
当院に入院された成人(20歳以上)の市中肺炎患者(※1)をA-DROPスコア(※2)を用い、重症度別に集計しました。        
集計対象は医療資源を最も投入した傷病のICD10がJ13~J18$であり、        
インフルエンザ等、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、小児肺炎は含まれていません。        
        
※1.市中肺炎とは        
    病院外の普段の日常生活の中で発症した肺炎。        
        
※2.A-DROPスコアとは        
    A(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上        
    D(脱水):BUN 21mg/dl以上または脱水あり        
    R(経皮的動脈血酸素飽和度):SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)        
    O(意識障害):意識障害あり        
    P(収縮期血圧):収縮期血圧90mmHg以下        
  5点満で、1項目該当すれば1点、 2項目該当すれば2点。        
    軽症:0点の場合        
    中等症:1~2点の場合        
    重症:3点の場合        
    超重症:4~5点の場合(ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする)        
    不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合  

5)脳梗塞のICD10別患者数等

 TSVファイルダウンロード

 ICD10 傷病名  発症日から 患者数 平均在院日数  平均年齢 転院率(%) 
I63$ 脳梗塞  3日以内  168 23.52 78.54 32.09
その他 19 20.58 79.74 4.28
医療資源を最も投入した傷病のICD10がI63$(脳梗塞)である症例を発症日から「3日以内」と「その他」に分けて集計しました。         
当院では脳梗塞の病期、病型、重症度に応じて、抗血栓療法や血栓溶解療法、脳保護療法を組み合わせて治療を行い、         
早期リハビリテーションを行い、急性期治療を終えた患者さんは、         
回復期リハビリテーションなど、在宅復帰に向けたリハビリを実施している病院へ転院していただきます。         
また、24時間体制で救急患者の対応をしているため、発症3日以内の急性期の脳梗塞患者数が多くなっています。



6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】 010

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 結腸ポリープEMR(長径2cm未満) 370 0.49 1.48 0.27 71.49
K664 胃瘻造設術 47 10.23 21.77 78.72 79.89
K610-3 内シャント設置術 44 5.05 23.18 13.64 75.5
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 7.85 9.65 5 76.05
K654 内視鏡的消化管止血術 19 1.16 21.42 15.79 74.74
当院内科で実施している主要な手術をあらわした指標です。  
①最も件数が多いのは、大腸ポリープEMR(長径2cm未満)で、結腸ポリープに対して行う手術です。  
②二番目に多いのは、胃瘻造設術で、脳梗塞の後遺症などで経口摂取が困難となった患者さんに対して行う手術です。  
③三番目に多いのは、内シャント設置術で、血液透析を行うためのシャントをつくるための手術です。  
④四番目に多いのは、経皮的シャント拡張術・血栓除去術で、血液シャント狭窄・閉塞に対して行う手術です。  
⑤五番目に多いのは、内視鏡的消化管止血術で、胃・十二指腸潰瘍や憩室出血、直腸潰瘍などに対して行う手術です。

【循環器科】 070 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 60 6.67 12.25 5 76.57
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極場合 25 6.32 31.08 16 81.64
K597-2 ペースメーカー交換術 20 0.9 12.6 10 82.3
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの(UAP) - - - - -
当院循環器科で実施している主要な手術をあらわした指標です。
①最も件数が多いのは、経皮的冠動脈ステント留置術(その他)で、狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患に対して行う手術です。
②二番目に多いのは、ペースメーカー移植術(経静脈電極)で、洞不全症候群や房室ブロックなど重篤な徐脈性不整脈に対して行う手術です。
③三番目に多いのは、ペースメーカー交換術で、電池の消耗により植込後約6年以降にペースメーカーを交換する手術です。

【外科】 110 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 42 0.26 5 0 72.9
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 6.39 11.63 12.2 66.93
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 21 9.19 35.48 23.81 78.67
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除1(周囲膿瘍伴わな 20 1.05 4.85 0 38.2
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 15 3 11.4 20 84.33
当院外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。 
①最も件数が多いのは、ヘルニア手術 鼠径ヘルニアで、鼠径ヘルニアに対して行う手術です。 
②二番目に多いのは、腹腔鏡下胆嚢摘出術で、胆嚢炎や胆嚢結石などに対して行う手術です。 
③三番目に多いのは、結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術で、結腸癌に対して行う手術です。 
④四番目に多いのは、腹腔鏡下虫垂切除1(周囲膿瘍伴わないもの)で、急性虫垂炎に対して行う手術です。 
⑤五番目に多いのは、内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD)で、胆嚢癌や胆管結石に対して行う手術です。

【整形外科】 120  
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K0461 骨折観血的手術 88 1.68 23.45 61.36 83.3
K0462 骨折観血的手術 64 1.16 13.27 10.94 71.14
K0811 人工骨頭挿入術 43 2.09 27.65 69.77 84.33
K0821 人工関節置換術 23 4.65 25.65 69.57 78.39
K0483 骨内異物(挿入物)除去術 22 1.73 1.91 0 57.32
当院整形外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。 
①最も件数が多いのは、骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)で、肩・上腕・大腿の骨折に対して行う手術です。 
当院で特に多いのは大腿骨の骨折です。 
②二番目に多いのは、骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)で、前腕・下腿・手舟状骨の骨折に対して行う手術です。 
当院で特に多いのは橈骨遠位端骨折です。 
③三番目に多いのは、人工骨頭挿入術(肩、股)で、当院では主に股関節・大腿骨頚部の骨折に行う手術です。 
④四番目に多いのは、人工関節置換術(肩、股、膝)で、肩・股・膝の関節症や骨頭壊死に対して行う手術です。 
⑤五番目に多いのは、骨内異物(挿入物)除去術(前腕、下腿)で、骨折などの治療の為挿入した挿入物や骨内の異物を取り除く手術です。 
当院では術後早期にリハビリテーションを開始し、地域のリハビリ病院などへの転院が多くなっています。 

【脳神経外科】 150 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18 1.33 10.61 22.22 79.33
K0461 骨折観血的手術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去 脳内のもの - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去 硬膜下のもの - - - - -
K160 脳神経手術(開頭して行うもの) - - - - -
当院脳神経外科で実施している主要な手術をあらわした指標です。
①最も件数が多いのは、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で、慢性硬膜下血腫に対して行う手術です。

【眼科】 230 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他 389 0.01 1.62 0 76.38
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他 - - - - -
K2422 斜視手術 後転法 - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 - - - - -
当院眼科で実施している主要な手術をあらわした指標です。 
①最も件数が多いのは、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他で、白内障に対して行う手術です。 
当院での白内障手術では、事前に外来での術前検査を行うことにより片目では一泊二日、 
両眼では三泊四日と患者さんの負担にならない短期での入院治療が可能になっております。 
 
また、眼科の主な入院である白内障手術の短期入院は、2)診断群分類別患者数等では、 
情報の公表において集計の対象外となっているため眼科での上位5位全ての患者数が10未満のため記載しておりません。

【泌尿器科】 310 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもの 34 1.21 5.24 8.82 77.97
K768 体外衝撃波腎.尿管結石破砕術 32 1 4.31 3.12 63.22
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 1.29 8.53 5.88 75.88
K834 精索静脈瘤手術 17 0.18 1.76 0 30.53
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 17 4.06 6.47 5.88 81.47
当院泌尿器科で実施している主要な手術をあらわした指標です。   
①最も件数が多いのは、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもので、膀胱癌に対して行う手術です。   
②二番目に多いのは、体外衝撃波腎.尿管結石破砕術で、尿管結石や腎結石などに対して行う手術です。   
③三番目に多いのは、経尿道的尿管ステント留置術で、結石や尿路感染に対して行う手術です。   
④四番目に多いのは、精索静脈瘤手術で、精索静脈瘤や陰嚢静脈瘤に対して行う手術です。   
⑤五番目に多いのは、経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの)で、前立腺肥大症に対して行う手術です。



7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 TSVファイルダウンロード

 DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 69 1.32
異なる 13 0.25
この指標は、DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症などの感染症、および、手術・処置後の合併症の発生率を表したものです。      
入院契機が「同一」の症例とは、ある疾患に対する診療目的に入院し、その疾患にたいして診療をおこなった症例のことで、      
入院契機が「異なる」の症例とは、ある疾患に対する診療目的に入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した      
別の疾患に対する診療が主になった症例のことを表しています。      
      
当院では敗血症の発症率は全体の1割以下ですが肺炎や尿路感染などの感染症から      
入院後に発症することが多いので「異なる」のほうが多くなっています。      
      
また手術・処置等の合併症では「同一」が最も多くなっています。その約半数は透析シャントの狭窄・閉塞での入院で、      
そのほかには、人工関節のゆるみや脱臼などが多くなっています。      
      
【主な手術・処置等の合併症の内訳】      
・術後感染症      
・吻合部狭窄      
・術後縫合不全      
・後出血      
・薬剤性ショック      
・予防接種後感染      
・透析シャント狭窄・閉塞      
・CAPD腹膜炎      
・LPシャント機能不全      
・人工関節のゆるみ・脱臼・破損      
・人工関節感染      
・人工骨頭移動・破損      
・カテーテル感染症 

平成28年度病院指標

集計条件及び集計方法等
平成28年4月1日~平成29年3月31日に退院した患者さんを集計しました。
(DPC対象外患者、24時間以内に死亡した患者、1週間以内に死亡した新生児、臓器移植患者は集計対象外です。)
10未満の数値の場合(0を含む)は、-(ハイフン)で表記しています。
診療科名は、医療法に基づいた標榜診療科名で表記しています。

1)年齢階級別退院患者数

 TSVファイルダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 51 92 115 165 290 670 1452 1631 574
少子高齢化の影響により、60歳以上の方の割合が80%を超えています。


2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

TSVファイルダウンロード
【内科】

DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 190 24.78 21.25 20 84.24
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 84 16.51 12.84 8.33 74.05
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 76 5.46 7.89 2.63 71.49
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 72 17.53 13.6 9.72 84.39
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 71 5.35 7.44 2.82 64.7
誤嚥性肺炎が最も多く、次いで腎疾患となっています。

【循環器科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(手術あり) 43 9.63 4.71 0 75.81
050210xx97000x 徐脈性不整脈 32 16.06 11.38 25 82.06
050130xx99000x 心不全 27 22.81 17.95 18.52 80.07
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(手術なし) 14 5.64 3.06 0 70.29
050130xx99020x 心不全(処置あり) 12 50.17 25.02 33.33 90.83
心不全の手術ありが最も多く、次いで徐脈性不整脈の手術ありとなっています。 

【外科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 22 10.27 9.08 13.64  68.09 
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 21 9.86 7.61 0 68.05 
 060150xx02xxxx  虫垂炎 20 9.35 9.91 5 39 
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 16 16.75 11.06 18.75 83
080011xx99xxxx 急性膿皮症 12 20 11.97 8.33 73.33
腸閉塞が最も多く、次いで胆嚢水腫、胆嚢炎等となっています。

【整形外科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160800xx01xxxx  股関節大腿近位骨折 142 24.87 27.63 82.39 84.38 
160690xx99xx0x  胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 67 20.58 20.57 14.93  79.64 
160760xx97xx0x  前腕の骨折 38 4 5.49 2.63 64.21
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 19 8.74 10.31 5.26 72.74
160990xx99x0xx 多部位外傷 17 16.41 18.35 0 74.35
股関節大腿近位骨折が最も多く、次いで胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)となっています。
股関節大腿近位骨折は施設やリハビリ病院への転院がほとんどで、転院率が82.39と高くなっています。

【脳神経外科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし) 35 6.71 7.52  11.43 76.66
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 34 21.82 20.18  61.76 79.79
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 30 15.07 16.54  33.33 71.9
160100xx97x00x  頭蓋・頭蓋内損傷(手術あり)  24  10.38  9.87  20.83  74.38 
010040x099x00x   非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 23  17.3  19.35  47.83  75.83 
頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし)が最も多く、次いで脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)となっています。
010060x2990400は、中等度の障害から重度の障害
010060x2990401は、まったく症候がない、もしくは軽度の障害
  
【眼科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
 020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。)  17 2.71 3.36 0 31.65
020160xx97xxx0 網膜剥離  10 12.4 10.53 0 64.2 
 180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症  - - - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 - - - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 - - - -
眼科の主な入院である白内障手術の短期入院は、情報の公表において集計の対象外となっているためデータは記載しておりませんが、白内障手術の短期入院(一泊二日)は年間400件以上あります。

【泌尿器科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症(手術なし) 34 10.71 12.43 5.88 76.68
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 31 2.35 5.25 0 50.26
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症(手術あり) 25 11.4 14.67 16 71.52
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 23 8.87 7.44 13.04 83.7
11022xxx03xxxx 男性生殖器疾患 23 3.39 3.32 0 35.48
腎臓または尿路の感染症が最も多く、次いで上部尿路疾患となっています。


3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

 TSVファイルダウンロード

  Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 再発 病期分類基準(※) 版数
胃癌 16 - - 10 - 14  1 6,7
大腸癌 - -  11  19 - 13  2  
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 6,7
肝癌 - - - - - 5 2  
  


4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

 TSVファイルダウンロード

   患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 25 9.24 53.44
中等症 155 16.88 81.72
重症 54 20.89 85.7
 超重症 27 18.63 85.41
不明 - - -



5)脳梗塞のICD10別患者数等

 TSVファイルダウンロード

 ICD10 傷病名  発症日から 患者数 平均在院日数  平均年齢 転院率(%) 
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群   3日以内 35 3.8  76.71  4.88 
 その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群  3日以内  - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞  3日以内  191 22.12 77.98 44.81
その他 21 19.29 78.62 2.83
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの  3日以内  - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの  3日以内  - - - -
その他 - - - -
 I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>  3日以内  - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明  3日以内  - - - -
その他 - - - -



6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 結腸ポリープEMR(長径2cm未満) 381 0.68 1.55 0.52 71.94
K610-3 内シャント設置術 38 8.82 31.34 18.42 73.13
K664 胃瘻造設術 37 15.38 22.86 70.27 80.97
K654 (胃)内視鏡的消化管止血術 28 1.64 18.46 10.71 76.25
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(胃ESD) 22 0.23 11.41 0 76.05

【循環器科】
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 66 5.74 16.44 6.06 74.21
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極場合 25 4.88 16.8 12 82.24
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.08 11.38 30.77 85.46
K386 気管切開術 - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -

【外科】 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 6.89 8.36 2.78 69.39
K6335 ヘルニア手術 左鼠径ヘルニア 34 0.35 5.62 2.94 66.29
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 20 0.75 7.6 5 39
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 14 3.07 16.43 28.57 85.71
K634 (両鼠径ヘルニア)腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 13 0.46 4.31 0 55.92
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみ 13 5.46 14.46 7.69 78.77

【整形外科】  
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K0461 (大腿)骨折観血的手術 107 1.97 20.93 72.9 82.68
K0811 (股)人工骨頭挿入術 58 2.48 23.36 86.21 83.33
K0462 (下腿) 骨折観血的手術 43 1.09 12.09 6.98 65.53
K0483 (前腕)骨内異物(挿入物)除去術 20 1.8 3.55 0 60.7
K0821 (膝)人工関節置換術 17 1.94 23.06 52.94 76.94

【脳神経外科】
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 0.79 20.54 20.83 80.13
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング 1箇所 10 1 33 60 71.3
K1426 脊椎固定術(後方又は後側方固定)脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)椎弓形成手術 - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -

【眼科】 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他 319 0 1.56 2.19 75.52
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 19 0.05 9.74 0 68.58
K2422 斜視手術 後転法 11 0.55 1 0 29.91
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他 - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入)縫着レンズを挿入するもの - - - - -
  
【泌尿器科】
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもの 43 1.28 5.88 4.65 79.91 
K768 (尿管)体外衝撃波腎.尿管結石破砕術 33 1.88 2.24 0 60.58 
K783-2 (尿管)経尿道的尿管ステント留置術 31 0.71 7.94 9.68 64.77 
K834 精索静脈瘤手術 22 0.18 2.14 0 35.86
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) - - - - -



7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 TSVファイルダウンロード

 DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 18 0.36
180010 敗血症 同一 16 0.32
異なる 17 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 69 1.37
異なる 20 0.4
【手術・処置等の合併症の内訳】
大腿骨人工骨頭移動                                                                               
人工股関節脱臼    
人工血管吻合部狭窄           
内シャント閉塞  
大腿骨人工骨頭後方脱臼
内シャント狭窄    


平成27年度病院指標

1)年齢階級別退院患者数

 TSVファイルダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 70 99 115 276 308 829 1645 1616 491

一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の退院患者数を集計。
年齢は、入院時の年齢により集計。
少子高齢化の影響により、60歳以上の方の割合が80%を超えています。


2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】

DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
040080x099x0xx  肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 224 22.8 12.5 79.0
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 204 1.1 1.0 69.1
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 150 3.3 0.0 69.0

【循環器科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 56 13.3 8.9 73.0
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 40 3.7 2.5 72.6
050130xx99000x 心不全 37 31.5 16.2 82.8

050050xx0200xx:手術を実施した症例、050050xx99100x:手術を実施していない症例     

【外科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等  36  10.7  0.0  67.3 
 060150xx02xx0x  虫垂炎 20  10.0  0.0  51.2 
 060210xx99000x  ヘルニアの記載のない腸閉塞 16  27.8  18.8  75.9 

【整形外科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160800xx01xxxx  股関節大腿近位骨折 146  28.8  56.2  85.1 
 160690xx99xx0x  胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 92  19.3  9.8  80.3 
 160760xx97xx0x  前腕の骨折 40  3.0  0.0  59.0 

【脳神経外科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)  77 13.9  41.6 70.9 
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷  67 6.9  10.5 59.1 
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 58 12.7  25.9 74.8 

010060x099030x:エダラボンを投与した症例、010060x099000x:エダラボンを投与していない症例     
エダラボンについて     
脳梗塞になると、脳細胞を破壊する[フリーラジカル]という物質が脳内で発生します。この[フリーラジカル]を除去し、脳の障害を防ぐことにより、脳梗塞の後遺症を軽くする薬がエダラボンです。     
  
【眼科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
 020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。)  18  2.4  0.0  27.1 
 020160xx97xxx0 網膜剥離  ‐ 
 180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 

眼科の主な入院である白内障手術の短期入院は、情報の公表において集計の対象外となっているためデータは記載しておりませんが、白内障手術の短期入院(一泊二日)は年間400件以上あります。     
患者数が10未満の場合は、「‐」を表示。

【泌尿器科】
DPCコード 名称 患者数 平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 41 9.1 4.9 75.1
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 40 3.4 0.0 58.1 
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 40 2.7 0.0 51.0 

症例数の多いDPC14桁分類(DPCコード)について、上位3疾患を各診療科別に集計しました。


3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

 TSVファイルダウンロード

  Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 再発 病期分類基準(※) 版数
胃癌  19  14  1 6
大腸癌  3  11  16  23  2
乳癌  ‐  ‐
肺癌  ‐ ‐ 
肝癌 ‐  ‐ 

5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しました。        
患者数が10未満の場合は、「‐」を表示。
  

4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

 TSVファイルダウンロード

   患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 29 12.0 53.7
重症度 1 63 15.6 81.4
重症度 2 55 23.8 83.1
 重症度 3  41 24.6 83.9
重症度 4
 重症度 5
不明 17 57.8 82.5

成人市中肺炎の患者さんの人数を、重症度別に集計しました。重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。  
患者数が10未満の場合は、「‐」を表示。


5)脳梗塞のICD10別患者数等

 TSVファイルダウンロード

 ICD10 傷病名  発症日から 患者数 平均在院日数  平均年齢 転院率(%) 
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群   3日以内 32  3.8  75.3  12.1 
 その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群  3日以内   ‐
その他
I63$ 脳梗塞  3日以内  205 21.0  74.8  39.4 
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの  3日以内  10  5.9  72.1  60.0 
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの  3日以内  14  17.4  78.1  37.5 
その他
 I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>  3日以内 
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明  3日以内 
その他


脳梗塞等の分類にあたる患者さんを ICD-10 コード別に集計しました。
患者数が10未満の場合は、「‐」を表示。


6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 TSVファイルダウンロード
【内科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 結腸ポリープEMR(長径2cm未満) 351 0.5 1.4 0.0 71.6
K664 胃瘻造設術 36 19.2 66.3 72.2 79.9
K610-3 内シャント設置術 35 16.9 35.9 8.6 71.5

【循環器科】
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 75 6.7 21.8 10.7 74.2
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極場合 17 8.5 19.4 0.0 81.9
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.0 16.2 15.4 86.8

【外科】 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 5.0 9.8 5.4 69.4
K6335 ヘルニア手術 左鼠径ヘルニア 27 1.2 6.7 3.7 77.6
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 20 1.3 6.7 0.0 47.6

【整形外科】  
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 132 1.5 24.1 45.5 83.1
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 43 0.8 14.6 7.0 63.4
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 40 2.1 26.5 70.0 83.9

【脳神経外科】
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 1.4 19.6 40.0 80.2
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング 1箇所 14 0.5 40.9 28.6 67.4
K1422 脊椎固定術(後方又は後側方固定)
  患者数が10未満の場合は、「‐」を表示。

【眼科】 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他 446 0.0 0.9 0.9 75.8
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 16 0.3 10.2 0.0 65.1
K2422 斜視手術 後転法 11 0.6 1.0 0.0 23.3
  
【泌尿器科】
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
 K768 体外衝撃波腎.尿管結石破砕術  47  1.7  3.0  0.0  59.7 
 K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもの  41  1.4  7.8  4.9  75.0 
 K834 精索静脈瘤手術  17  0.0  1.9  0.0  30.5 
  

症例数の多い手術件数を各診療科別に集計しました。



7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 TSVファイルダウンロード

 DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 10 0.18
異なる 13 0.24
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 68 1.25
異なる 19 0.35

最も医療資源を投入した傷病名がMDC6「130100」「180010」「180035」「180040」について    
入院契機病名の同一性の有無を区分して症例数を集計しました。
患者数が10未満の場合は、「‐」を表示。


このページのトップヘ