病棟案内

チーム医療の推進

入院時初期評価

 入院の際には、医師や看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士が患者さんの状態をそれぞれ専門的な視点で診させていただき、より患者さんが快適に入院生活を過ごせるように努めています。

褥瘡委員会回診

 褥瘡委員会は、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・事務がチームを組んで、活動しています。体圧分散マットレスの適切な選択やポジショニングの統一、栄養管理など、各専門分野の知識を提供し、褥瘡予防・改善に取り組んでいます。

認知症ケアチーム

 当院の認知症ケアチームは神経内科医、認知症看護認定看護師、ソーシャルワーカー、作業療法士で構成されています。
 認知症になると入院という環境の変化によって混乱してしまうことが多くあります。また、認知症と診断されていなくても高齢であったり、疾患の影響から認知症と同じような症状が出る場合があります。そういった患者様を対象に認知症ケアチームが、週1回の回診や病棟でのカンファレンスをおこない、病棟スタッフと一緒に最善のケアを検討、実践します。

患者様の安心で穏やかな入院生活をサポートします。
 

転倒・転落ラウンド

 医療安全対策部では医師・看護師・理学療法士・薬剤師・管理栄養士・検査技師・放射線技師・事務などの多職種で構成された転倒・転落予防対策チームを結成し、院内の転倒・転落予防に取り組んでいます。患者さんの個々の状況や院内環境も含めて専門的見地から討議し、具体的な対策をすすめています。

ICT(感染制御チーム)

 週に1度、感染予防を目的に医師・薬剤師・検査技師・看護師などの多職種で院内を巡回し、実践的な感染対策に努めています。写真は浸漬消毒が滴性に行われているかチェックしている様子です。