各部・診療科

薬剤科

調剤業務

オーダリングシステム・それに連動する全自動錠剤分包機・散剤監査システムにより、外来および入院処方の調剤を行っています。
内服薬の調剤業務において、私たち薬剤師は患者様に適した状態で投薬することを考えています。飲み込みにくい方へは粉砕調剤を行い、経鼻胃チューブ、胃瘻、腸瘻の方にも安心して投与できるよう簡易懸濁法を行なっています。
※注射剤の調剤業務においては個人別払い出しを行っています。

注射剤混合調製業務

注射剤混合調整業務

薬剤科では、平成20年7月から、薬剤科内にクリーンベンチを設置し、TPN製剤(高カロリー輸液などの栄養剤) の無菌混合調製業務(ミキシング)を行っています。
適切な薬剤の取り扱いと調製手順および手技を理解した薬剤師が無菌的に操作することでより安全性の高い薬物療法を確保することが出来ると考えています。 
少しずつ病棟を広げ、現在は全処方の高カロリー輸液のうち約半分を薬剤科で行なっています。

病棟業務

病棟業務

平成2年薬剤管理指導業務の施設基準を取得し、患者様のベッドサイドへ伺って薬の説明、副作用の早期発見、薬剤相互作用のチェックなど、薬のセーフティマネジメントに努めています。
薬剤師が病棟に上がることで、医師や看護師などと密に連携を取りチーム医療に取り組んでいます。
院内で使用されている薬剤の保管管理を行っています。
また、新しく入院される患者様の持参薬の識別等にも関わっています。

お薬の説明について

お薬の説明

お薬の説明書を作成し、飲み方・効き目・注意していただきたい副作用など事前にお知らせすることにより、安心してお薬をお飲みいただけるよう努めています。薬のことで何かわからないことがございましたらどんなことでもご遠慮なくお尋ねください。









実習生の受け入れについて

薬学生5年次の長期実務実習を受け入れ後輩の育成に取り組んでいます。
平成22年度  計2名(第1期1名、第2期1名)
平成23年度  計6名(第1期2名、第2期2名、第3期2名)
平成24年度  計3名(第1期1名、第2期1名、第3期1名)
平成25年度  計2名(第1期1名、第2期1名)
平成26年度  計2名(第2期2名)