各部・診療科

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

介護保険が開始された平成12年4月、協立温泉病院に訪問リハビリテーションが誕生しました!
南北に広がった川西市内を訪問リハビリスタッフが車・バイクで駆け廻っています。
在宅で生活している利用者様・ご家族様のお役に立てるよう、共に地域で働く事業所の皆さんと
連携をとりながら、訪問リハビリスタッフ一丸となって頑張っています!



訪問リハビリテーションとは?


在宅で療養しており、通院してリハビリテーションを受けることが困難な利用者様に対して理学療法士・作業療法士が皆様のお宅へ訪問して、機能維持・回復訓練を行います。また、福祉用具・自助具の使用方法、住宅改修のアドバイスなど『生活の中の困った!』をお手伝いします。


どんな事をしてくれますか? 
・日常で必要な動作の練習(例えば寝返り、歩行、着替え、入浴等)
・自主練習などの指導
・ご家族様に対する介護方法のアドバイス等

利用するには?
・介護保険で要支援・要介護認定を受けられた方(医療保険による訪問リハは行なっておりません。)
・利用開始前に、かかりつけ医から診療情報提供書をいただき、当院医師の外来診察を受けていただく必要があります。(その後は3ヶ月に1回ごと)
・まずは、担当のケアマネージャーに御相談下さい。

協立協立温泉病院 訪問リハビリQ&A

Q1 どんな職種の方が来てくれますか?  
当病院の理学療法士または作業療法士が伺います。  

Q2 どの程度来てくれますか?  
現在は、原則として週に1回で、時間は40分程度です。
土日祝日、年末年始はお休みを頂いています。  

Q3 どの地域に来てくれますか?  

川西市及び猪名川・豊能町の一部の地域に限ります。  

Q4 どの様な方が利用されていますか?  

平成25年3月の時点での利用者様状況です。



各部門別人数

年齢別では・・・
70歳代が約半数を占めていますが、
50・60歳代の若い方や80歳以上の方も大勢おられます。












介護度では・・・
さまざまな介護度の方が訪問リハビリを受けておられます。

 

疾患別では・・・
神経難病にはパ-キンソン氏病や脊髄小脳変性症など、その他の疾患には認知症や廃用症候群等の方が含まれます。