各部・診療科

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご案内

リハビリテーション科へようこそ

「リハビリテーション」とはなんでしょうか?
 語源はラテン語のre(再び)+habilitas(能力)からきているそうで、「失われた能力を回復する」という意味があります。
しかし現在では、障害を「害」とするのではなく、
「その能力をどう生かしていくか」
「その人らしくどう生きていくか」
「残された能力を活かしていくか」
そして、「今ある“自身”をもってどう社会に参加していくか」といったことに焦点が置かれるようになっています。
少しでもそのお手伝いが出来るよう、当院には次のような各専門職が関わっています。


各専門職の紹介

各専門職の紹介

    

リハビリの流れ

リハビリの流れ



生活リハビリテーションとは?

『生活リハビリ』とはその人の能力を生かせるように日常生活の介助方法を工夫することで心身機能の維持・改善を図っていくことです。
例えば座って食事をとる、トイレで排泄をするなど、その人に合った一日の生活リズムを作り、できるだけベッドから離れて生き生きとした病棟生活を送れるようにすることです。
当院では、生活リハビリの実践のため、リハビリ科と各病棟間で毎週連絡会を行い情報交換をし、生活の中で工夫できることはないか話し合いをしています。また看護・介護スタッフによる起立訓練やレクリエーションなども行っています。


このページのトップヘ

理学療法科 (PT:physical therapy)

理学療法科とは

理学療法室


理学療法は、病気やけがにより身体に障害をもつ方々などに対して、座る・立つ・歩くなどの基本的動作能力の回復を図ることを目的に運動療法・物理療法などを行います。
理学療法士30名(うち訪問スタッフ3名、出向者1名)

当院では、院内(回復期・療養)・訪問・老人保健施設などで業務を行っています。

院内では医師・看護師・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカーなどと情報交換しながら治療を行っています。


≪運動療法≫

運動療法


患者様の身体を理学療法士の手技や器具、または患者様自身の力によって動かして改善を図ることを言います。目的や疾患によって様々な方法があります。

寝返り・起き上がり・座る・立つ・歩くなどの基本的動作の自立や介助量の軽減を目標に、動きにくくなった関節の動きをスムーズにする関節可動域練習や、弱くなった筋力を強くする筋力増強練習、そして基本動作練習などを行います。

また、訓練室で練習するだけでなく、実際に患者様が過ごされている病棟や病室の廊下などでも練習を行います。


≪物理療法≫

物理療法


水力・熱などの物理的なエネルギーを利用し、痛みを和らげる、リラックスさせる、循環をよくするなどの効果が期待できます。


≪家屋訪問≫

家屋訪問


退院前に理学療法士と作業療法士がご自宅を訪問させて頂きます。ご本人様とご家族様と一緒にご自宅内での動線、玄関、トイレ、お風呂などの動きを確認します。

必要であれば手すりや段差解消、介護用品のレンタルなどの提案をさせて頂きます。

また、ご家族様に介助方法をお伝えし、ご自宅での生活を送れるように関わらせて頂きます。


≪外出練習≫

外出訓練


退院後の生活を想定し、屋外の長距離歩行や買い物、公共交通機関の利用などを実際に院外から出て確認していきます。

お一人で電車に乗る、切符を買う、荷物を持って歩く、行き先を間違えずに行えるかを確認していきます。


PT科スタッフ

PT科スタッフ


私たちが目標に向けて支援していきます。いつでも見学に来て下さいね!



このページのトップヘ

作業療法科 (OT:occupational therapy)

作業療法科とは

作業療法室


作業療法の『作業活動』とは、食事・トイレ・着替えなどの身の回りの活動から家事や趣味・仕事など生活に関わる活動全般のことをいいます。

そのような様々な活動が病気やケガ(外傷)などによって困難になった方に、今持っている能力を最大限活かして、新たな生活を送るためにその方に合った下記のような様々な治療・指導・援助をしています。

作業療法士17名、助手1名


≪機能訓練≫

身体機能(筋力・関節など)や知的機能(集中力・注意力・認知力など)の向上、精神面の安定を目的とした訓練を行なっています。


身体機能訓練

機能訓練1

訓練用具を使用して

機能訓練2

創作活動を通して


作業療法士が直接動かす訓練方法もあれば、物を使用する訓練方法もあり、個々に合わせた訓練を行います。
例えば、指の細かい動きを高める訓練、上記のような方法があります。



 

知的・精神機能訓練

将棋

将棋


間違い探し課題

間違い探し課題


計算や間違い探し・迷路などの学習的な作業、塗り絵や裁縫などの楽しみ・役割的な作業を利用して行います。


 

日常生活動作を訓練(ADL訓練)

日常生活動作訓練1

食事


日常生活動作訓練2

入浴


実際の日常生活動作(身の回り動作)を今持っている能力を最大限に活かし、より安全に、より楽に行なえる動作方法を指導・練習していきます。

また、残された機能だけではどうしても行なえない動作がある場合には、それを可能にするために、ご本人に適した色々な道具(自助具)を紹介したり、作成したりします。


家事動作訓練(IADL訓練)

調理訓練

調理訓練

実際に調理・洗濯・掃除などの家事動作を行ない、動作指導や円滑にするための道具(自助具)の作成や紹介をしています。


在宅支援準備

より安全な在宅生活を送って頂けるよう在宅復帰に向け、下記のような支援を行っています。

介助方法の指導について

介助方法の指導

家族様に対し、車椅子⇔ベッドの乗り移りなどの介助方法や注意点を指導します。

福祉用具相談

福祉用具相談


車椅子やバスボードなどその方に適した用具を選定・提案します。

家屋改修相談

住宅改修に関するアドバイス(手すりの位置など)を行っています。また、必要に応じて退院前家屋訪問を行っています。

加えて、退院後、在宅生活へスムーズに行こうできるように、患者様(家族様)の了承が得られればケアマネージャーにその方の心身機能や動作能力などの情報提供も行っています。



OT科スタッフ

OT科スタッフ

生き生きとした活動的な生活を送るために支援します。


 


このページのトップヘ

言語療法科 (ST:speach therapy)

脳卒中や事故などが原因で、話すことができない、食べることができない、憶えること考えることが苦手になるなどの問題が起こることがあります。

当言語療法科ではこのような症状の改善を目指す訓練や、代償手段を獲得するためのサポートを行っています。

小部屋が3室、大部屋が1室の環境で、言語聴覚士10名が訓練を行ない、必要に応じてベッドサイドにもうかがいます。


対象となる症状

入院リハビリ 高次脳機能障害
失語症
構音障害
嚥下障害
外来リハビリ 高次脳機能障害
失語症
構音障害



≪言語訓練≫

言語訓練


話すことができない原因として、失語症(話す、聞く、書く、読むことが難しくなる)や構音障害(呂律がまわりにくくなる)などがあります。会話訓練、発声練習や書字訓練など、お一人お一人に合った訓練を行います。

大部屋ではできるだけ自然なコミュニケーションの場をつくり、楽しみながら伝えることの練習を行います。

また歌やコミュニケーションサロンを通して声を出すこと、意思を伝えること、状況を理解することなどの機会をつくっています。

他の患者様の訓練の様子を見ることも、皆さんの励みになっているようです。


創作活動も積極的にすすめています。

創作活動


掲示板では、毎月テーマを決めて、皆で一つの作品を作っています。


≪嚥下訓練≫

嚥下訓練


食べることができない原因として嚥下障害があります。全く食べることができない状態から、唾液を飲む、水を飲む、ゼリーなどのおやつを食べる、粥を食べるなどの段階を踏み、その方に合った摂食方法と食形態を検討します。

それぞれの状況に合わせてVE(嚥下内視鏡検査)・VF(嚥下造影検査)による評価も実施しています。

また、食事を摂ることが難しい場合も、食べる楽しみを目的とした嚥下訓練を行うこともあります。





ST科スタッフ

ST科スタッフ


皆さんの笑顔を見られるように、また、皆さんの心に残るようなリハビリを目指し頑張ります。