各部・診療科

看護部

看護部について

2019年度看護部目標

1. 看護、介護サービスの質の向上
  
 ■ NBM(Narrative-Based‐ Medicine)の推進と、ACP(Advance Care Planning)実践運用と患者、家族支援の強化 
 

 ■ 電子カルテシステムの効率的運用による看護、介護の可視化
 
 ■ 自律したキャリアアップのための自己啓発活動の支援
    参加研修の情報共有と集団実践によるケアの質向上
    院内外でのグローバル研修の推進による知識、技術の向上
    看護、介護職の効率的な業務分担と協働の推進
    インシデント「0レベル=成功体験」の発掘と共有
        

 2. やりがいのある職場環境の整備
   
  人材の適正配置 :病棟機能の理解と基準遵守

  計画的有休取得の推進と超過勤務時間の削減(前年比)

  ワークライフバランスを考慮した勤務計画と協調体制の構築

  イノベーション提案の推奨と実践

  病室環境、就業環境に適切な物品、調度品の調達は臨機に実施

  CS、ES活動の実践目的を個々が理解し、参画、支援できる

   

3. 病院経営への主体的な参画

 ■ 
院内大改修工事2期に向けての病棟間協力体制の強化

 ■ クリニカルインディケーターのデータ分析への全員参画

 ■ 病棟機能基準、稼働目標の維持、向上

 ■ 退院支援の効率的展開に向けての体制強化

 



組織図(会議・委員会)

看護部組織図

当院における「退院支援の取り組み」
2025年問題の1つである超高齢化・多死社会の到来を見据えて厚労省は「地域包括ケアシステム」を推進しています。当院では退院後、住み慣れた地域でその人らしい生活ができる様に入院時から退院支援看護師・退院支援チームが介入し活躍しています。

看護部の特徴

「信頼し、助け合える温かい人間関係」



アソビリテーション

 看護部では、入院患者様が療養生活において『楽しみながら機能維持・回復訓練ができる』を目的に、各部署で工夫を凝らした『アソビリテーション』を行っています。
 


カラオケで発生訓練



誕生会で風船バレー





 
 

認定看護師

認定看護師

認定看護師は、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ります。

認定看護管理者

1名在籍

認定看護管理者制度は多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供する事を目指し、看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与する事により、保健医療福祉に貢献します。
 

認知症看護認定看護師

3名在籍

認知症看護認定看護師は日本看護協会によって2006年に認定が開始された資格。以下のような専門的な知識・裏付けのもとケアを行う認知症の看護におけるスペシャリストです。
・認知症患者の権利擁護として意思表出能力を補完
・認知症の周辺症状を悪化させる要因への働きかけによる行動障害の予防や緩和
・認知症患者の状態把握を含む心身状態の総合的なアセスメント及びケアサポートシステムの立案 

教育体制

教育理念
看護部の理念を実現するために、専門職業人として主体性や自立性を持ち、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する

教育目的

  1. 協立温泉病院の果たすべき役割を理解し、組織の一員としての自覚を深め、行動できるように育成する
  2. 看護の対象である患者のニーズを的確に把握し、安全で安楽な質の高い看護サービスができるように育成する
  3. 専門職業人としての自立を促し、生涯教育を助成する
  4. 看護を取り巻く社会環境の変化に柔軟に対応できる人材の育成を目指す

教育方針
  1. 看護部職員一人ひとりの目標と主体的な学習を大切にする
  2. 常に患者中心の視点で、自律的に思考・判断・行動できる態度を養う
  3. 職員の模範となる優れた人材の育成を推進する
  4. 職種や能力レベルに応じた学習の機会を提供する

教育体系図

看護部教育体系図