病院について

委員会活動紹介1

組織図

安全管理委員会組織図

医療安全管理委員会

目標
施設内に置いて発生する医療事故やニアミス、施設内での職員の事故事例について原因を分析し、その予防・対応策等の推進を図る。また、究明された内容は日常生活に反映させ、安心・安全な医療・療養環境を提供する。

役割
 1.発生した事故等の対応
 2.医療事故等の予防対策の検討決定
 3.医療事故の防止に役立つ情報の収集活動
 4.医療事故、紛争予防のための研修・教育の企画

活動
 定例会議 月1回開催
 定例事例検討会 月1回開催(看護部と合同)
 *事例の内容によっては、その部署のリスクマネージャーが参加
   
構成メンバー
 事務部(長)
 医師  1名
 看護部 3名 (看護部長 看護師長 看護主任)
 薬剤師(科長) 1名
 管理栄養士(科長代理) 1名
 地域医療連携室(課長代理・社会福祉士) 1名
 放射線技師(科長代理) 1名
 作業療法士(主任) 1名 
 中央材料室職員 1名



日常業務の中で起こったヒヤリ・ハット、インシデント・アクシデントの事例を「インシデント管理」というシステムに入力し委員会に報告します。このシステムは、各部署のどのパソコンからも入力ができるようになっています。
事故レベルは7段階で報告します。 
 

ヒヤリ・ハット  レベル0 間違ったことが起こりそうだと気付いた(コミュニケーションエラー 書類 医薬品の紛失や破損など)
インシデント  レベル1 間違ったことが起きたが、患者に変化がなかった
 レベル2 間違ったことが起こり、患者のバイタルサインに変化が生じたり、観察強化が生じた
 レベル3a 事故により、検査や一時的な治療が生じた(消毒 湿布 ガーゼ保護 鎮痛剤 与薬など)
アクシデント  レベル3b 事故により、継続的な治療の必要が生じた(骨折 転院 手術 人工呼吸器など)
 レベル4 事故により障害が残った
 レベル5 事故が死因となった

レベル3b以上は必ずSHELL分析をします。それ以外に報告書の中から、重大な事故に発展する可能性のある事例は、聞き取り調査やSHELL分析を行い、必要な改善を行います。周知が必要な対策や注意喚起が必要な事例は、院内LANを使って全部署に配信し、再発防止に努めています。




また、 医療安全推進月間を年3回設定し、医療安全ラウンドや医療安全標語を職員から募集し、その標語をポスターにして掲示するなどして啓蒙活動を行っています。


医療安全推進月間


このページのトップヘ

院内感染対策委員会

目的活動内容

  1. 患者様及び職員の院内感染防止に努める。
  2. 万が一感染症が発生した場合、適切に対応し拡大を防ぐ。
  3. ICTと連動して感染防止に努める。
  4. 院内感染防止に関する情報収集、調査、研究、予防対策を行う。
  5. 院内感染防止マニュアルの作成、改訂。
  6. 職員に対して院内感染防止の為の教育、啓蒙を行う。
  7. 患者様及びご家族に対して、院内感染防止の為の広報活動。
  8. 院内感染の発生状況を把握し、院内検出菌速報等を広報。
  9. 週間感染情報レポート等を作成する。



構成メンバー
医師
3名
院長
院長補佐(委員長)
副院長(ICD)
管理栄養士 1名
臨床検査技師 1名 保育士 1名
薬剤師 1名 事務職員 1名
事務長
看護師 2名
看護部長
看護師長



ICDとは
infection control doctor(インフェクションコントロールドクター) の略で、ICD協議会で認定された院内感染の制御を担当する感染管理医師のことです。院内感染は患者さんに不要な苦しみを与え、経済的、社会的に負担を与えます。院内感染防止委員会では院内感染の制御に全力で取り組んでおります。




ICT(インフェクションコントロールチーム)

ICTとは、少人数で実働性の高い感染対策の実行部隊のことです。当院のICTはICD(感染管理医)を中心に7名のチームで構成されています。ICTは毎日の院内LAN上の感染情報に目を光らせ、感染多発(アウトブレーク)を未然に防ぐために対策をリアルタイムで実施し、感染予防の指導をしております。院内巡回は、月1回おこない、和気あいあいと、しかし厳しく院内をくまなく回っております。何かありましたら気軽に声をかけてください。


構成メンバー

医師 2名
副院長 (委員長・ICD)
院長補佐
看護師 10名
看護師長:1名
看護師:9名 
臨床検査技師 1名 理学療法士 1名 (書記)
薬剤師 1名 事務職員 1名



下記のサイトで現在どのような病気が流行しているかが分かります。

院内感染防止委員会


川西市・猪名川町地区
>>川西市医師会 最新感染症情報 HPへリンク

大阪府全域
>>大阪府感染症発生動向調査週報 HPへリンク


兵庫県全域
>>兵庫県感染症発生動向調査週報 HPへリンク







このページのトップヘ

協立温泉病院 院内感染対策指針

院内感染対策に関する基本的考え方

院内感染防止委員会とICTが連動して患者及び職員の院内感染防止に努める、万が一感染症が発生した場合、適切に対応し拡大を防ぐ。その為に下記の様な事柄を実施する。

  1. 院内感染防止に関する各種情報収集調査、研究、予防対策を講ずる。
  2. エピデンスに基づいた院内感染防止マニュアルの作成、改訂。
  3. 職員に対して院内感染防止の為の標準的予防策、感染経路別予防策のコンプライアンスを中心とした教育、啓蒙活動。
  4. 患者様及びご家族に対して、院内感染防止の為の広報活動。
  5. 日々の検出菌状況、分布状況を把握する為に、院内検出菌速報等を院内LANにて広報。
  6. 行政からの通達文書の職員への周知徹底。

院内感染対策の為の委員会

  1. 院内感染防止に当たる組織として院内感染防止委員会とICTを設置する。
  2. 院内感染防止委員会は院内感染全般に関する事柄に対して対応する組織であり、病院三役を含む各職種の委員から構成される。
  3. ICTは、ICD(感染管理医)を中心に少人数で実働性の高い感染対策の実行部隊である。
  4. ICTは毎日の院内LAN上の感染情報に注意し、アウトブレークを未然に防ぐために対策をリアルタイムで実施し、感染予防の指導や院内巡回を行なう。
  5. 院内感染防止委員会とICTは、密接に連絡を取り合い、院内感染防止の任に当たる。

院内感染対策の為の従業者に対する研修に関する基本方針

  1. 院内感染防止委員会とICTは協力して全職員を対象に講習会を年に2回以上開催する。
  2. 新入職員に対しては入職時に、標準的予防策と感染経路別予防策を重点とした、講習及び実習を行なう。
  3. 市中での感染症の動向を鑑み、臨時に講習会を開催する。
  4. 院外の感染防止関係講習会を広報し、参加希望者に対しては支援する。
  5. 感染防止関係の専門誌購入、広報後、自由に閲覧が可能な様に図書室に置く。

感染症の発生状況の報告に関する基本方針

  1. 日々の、院内感染菌の検出状況を院内LANにて、職員に情報提供する。
  2. 感染症法に定める、届け出感染症や多剤耐性菌など感染防止上重要な菌類が検出された場合は、速やかに委員会及び関係部署に連絡する。
  3. 感染月報や各種感染率を委員会の場で討議する。

院内感染発生時の対応に関する基本方針

  1. 院内感染防止委員、ICT委員は、院内感染菌の検出状況を閲覧する事で院内の状況を把握しておく事、特に多剤耐性菌発生には注意を払う。
  2. アウトブレークを疑われる事例が発生した場合。必要に応じて院内感染防止委員会、ICT委員会の非常招集を行なう。
  3. 感染症法に定める、届け出感染症が発生した場合は、速やかに当該の保健所に連絡、連携を取って対応する。それ以外の感染症であっても、院内感染防止委員会が必要と認めた場合には、保健所に助言を求める。

患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

  1. 当該指針の閲覧を求められた場合は、それに応じる。
  2. 当該指針は、協立温泉病院ホームページに掲載し一般に公開する。
  3. 当該指針は、院内感染防止マニュアルに入れ、全職員が閲覧できる。

その他の当該病院等における院内感染対策の推進のために必要な基本方針

感染防止委員会、ICTの力だけでは、院内感染は防ぎきれる物では無いので、現場で患者に接する職員はもとより、全職員一人一人の自覚が必要である。
標準的予防策、感染経路別予防策のコンプライアンス。

2007(H19)/6/26 作成
2007(H19)/12/6 改訂
2010(H22)/9/10 改訂

褥瘡委員会

褥瘡予防対策委員会は、褥瘡発生リスクの高い状況にあるご高齢の入院患者様に対し、より質の高い医療・看護・介護を提供し、褥瘡発生ゼロを目指す為に活動しています。


主な活動内容

健康講座

本委員会は原則として月1回委員会を行い、効果的な推進を図る為、院内褥瘡対策を討議・検討しています。
また、月1回院内の褥瘡のある患者様を委員長であるDrを筆頭に看護師等委員のメンバーがベッドサイドに訪問し、アセスメントを行ない治療方針を決定しています。

  1. 病院全体における褥瘡発生及び治療中の患者様の把握
  2. 各病棟における予防対策や実施状況の把握と指導
  3. 院外での褥瘡に関する研修への参加及び院内での伝達
  4. 栄養対策(NSTとの連携)




構成メンバー

医師 1名 (委員長) 管理栄養士 1名
看護師 2名 (副委員長) 理学療法士 1名
薬剤師 1名 事務職員 1名




このページのトップヘ

栄養管理委員会(NST)

必要な栄養を安全な方法で楽しみながら摂ることは健康の基本です。
しかしながら、飲み込む力や噛む力,食欲の有無そして必要なエネルギー量などはお一人お一人異なるもの。そのためそれぞれの状況を考慮した食事内容が必要になります。特に高齢の患者様が多い当院では、栄養不足を見逃さないよう気をつけなければなりません。患者様の食事や栄養に関する問題をいろいろな方面から見て解決するため、多職種のスタッフがチームとして取り組めるように、平成16年4月から活動を始めたのがこの委員会です。
NST≪N:ニュートリション・S:サポート・T:チーム≫というシステムを取り入れ、医師を中心にして患者様に最適な食事内容を選択できるようそれぞれの職種が専門性を生かした活動を行っています。 (※ニュートリション=栄養)

栄養状態が悪いと…
・免疫機能が低下       
・病気が治りにくい         
・褥瘡、感染症にかかりやすい
・合併症を起こしやすい

 …このような悪循環が起こります。

たとえば、口から食事を摂れず、腸をあまり使わないでいると免疫力が弱まってしまいます。小腸には栄養分の吸収を行う“じゅう毛”があり、そのじゅう毛には細菌の侵入を防ぐ免疫細胞があります。腸の機能を使ってその免疫細胞が活性化されることにより全身の免疫力が高まります。また、栄養状態を改善することで筋肉量を維持し、転倒などを防ぐことに役立ちます。

そこでNSTでは、充分な栄養を摂ってもらうように努めています。
例えば、食欲のない方でも十分な栄養を摂って頂けるよう、食事の量を減らし、不足分の栄養を高栄養ゼリーやドリンクなどで補う対応をしています。
こうすると、無理に1人前の食事を摂るより気分的に楽なこともあり、食べる意欲がもどったり、減っていた体重が増えたりといった、効果が出てきています。

栄養管理委員会

構成メンバー

医師 2名 臨床検査技師 1名
看護師 1名 医事課 1名
薬剤師 2名 言語聴覚士 2名
管理栄養士 4名    



活動内容

回 診(毎週木曜日)
医師・看護師・薬剤師・管理栄養士が患者様を訪問し、体の状態を観察したり、嗜好などを伺います。病棟スタッフからの情報も得て、食事、薬剤、環境などの問題点を検討し、栄養状態改善への方針を決めていきます。

会 議(毎月第3木曜日)

活動内容やチームの方向性などについて話し合います。

NST NEWS の発行(年3回)
バックナンバーは下記をご覧ください。

院内学習会実施
必要に応じて栄養に関する学習会を企画しています。



NST NEWS

第49号 (2019.04.26)【最新号】 栄養補助食品の取り扱いに注意しよう!
第48号 (2018.12.11)  嚥下調整食試食会を実施しました!
第47号 (2018.08.01) 日本静脈経腸栄養学会 近畿支部学術集会に参加してきました!
第46号 (2018.05.31)  栄養管理委員会の体制が変わりました!
第45号 (2017.12.08)  >>今回は、誤嚥予防について取り上げてみよう。
第44号 (2017.04.21) >>今回は法人全体で見直しを行った経管栄養について改めて復習してみようと思います。
第43号 (2016.05.19) >>2016年度は診療報酬改定の年なんだって。NSTに関係しそうなこともあるみたいだから見てみよう!
第42号 (2016.01.22) >>2016年が始まったよ!今年もできることからコツコツやっていこうと思っているので、よろしく!
第41号 (2015.09.30) >>第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会に参加したよ!
第40号 (2015.04.30) >>川西地区でも栄養管理の地域連携を進めているよ!
第39号 (2014.12.26) >>患者様の安全なお食事のためにST がしていることを紹介するよ!
第38号 (2014.8.29) >>6月の院内学習会でNSTの活動報告をしたよ!
第37号 (2014.4.25) >>第29回日本静脈経腸栄養学会に参加したよ!
第36号 (2013.12.27) >>和食がユネスコの世界無形文化遺産に「登録されたよ!
第35号 (2013.8.30) >>今年の夏は猛暑で熱中症の被害も多かったよ、まだ日中は暑くなるから油断は禁物だよ!
第34号 (2013.4.26) >>第28回日本静脈経腸栄養学会に参加したよ(PDF)
第33号 (2013.1.18) >>経管栄養と輸液の種類が変更になったよ(PDF)
第32号 (2012.8.30) >>平成24年6月に院内学習会を開催(PDF)
第31号 (2012.6.15) >>第27 回日本静脈経腸栄養学会の参加報告です(PDF)
第30号 (2012.3.1) >>栄養管理の流れと症例を紹介するよ(PDF)
第29号 (2011.9.30) >>協立病院と協立温泉病院の食種ってどんな風な違いがあるの?(PDF)
第28号 (2011.7.22) >>摂食回復支援食って知っていますか??(PDF)
第27号 (2011.4.8) >>第26 回日本静脈経腸栄養学会について (PDF)
第26号 (2010.12.28) >>整腸剤ってどんな働きがあるの?? (PDF)
第25号 (2010.10.08) >>アミノ酸ってなんだろう?? (PDF)
第24号 (2010.07.08) >>輸液製剤と栄養食品に新しい仲間が加わったよ (PDF)
第23号 (2010.03.10) >>半固形栄養剤ってどんな種類があるの?? (PDF)
第22号 (2009.11.18) >>イオン飲料ってどんな種類があるの? (PDF)
第21号 (2009.08.28) >>1日にどれくらいの水分が必要なのかな? (PDF)
第20号 (2009.06.03) >>NST依頼患者ってどんな人が多いの? (PDF)
第19号 (2008.02.06) >>薬剤科にクリーンベンチができたよ! (PDF)
第18号 (2008.10.31) >>濃厚流動食がリニューアルされるよ! (PDF)
第17号 (2008.07.24) >>院内学習会のアンケートの質問に答えてみるよ! (PDF)
第16号 (2008.04.03) >>NST委員会が発足して4年経ちました! (PDF)
第15号 (2008.01.28) >>輸液製剤にはなぜ2部屋に分かれてるものがあるの? (PDF)
第14号 (2007.11.22) >>中心静脈栄養っていきなり始めても大丈夫なの? (PDF)
第13号 (2007.09.28) >>末梢静脈栄養はどれくらいのカロリーを摂取できるの? (PDF)
第12号 (2007.07.26) >>末梢静脈栄養時のトラブル (PDF)
第11号 (2007.05.21) >>栄養を摂る方法 (PDF)
第10号 (2007.02.22) >>嚥下機能のしくみ (PDF)
第09号 (2007.01.05) >>ランチタイム勉強会について (PDF)
第08号 (2006.10.24) >>点滴でも十分な栄養が補給できるんですか? (PDF)
第07号 (2006.09.04) >>NSTの講演について (PDF)
第06号 (2006.07.03) >>上手くいかなかった例
第05号 (2006.04.14) >>拒食の原因って何?
第04号 (2006.02.20) >>NST対応食とはどんなもの?
第03号 (2006.01.11) >>NSTにおける役割って何?
第02号 (2005.10.13) >>必要なエネルギー量ってどのくらい?
第01号 (2005.08.19) >>NSTって何だろう?

栄養管理委員会(摂食嚥下)

協立温泉病院では、安心・安全な食事提供にチームで取り組んでいます。
入院時は必要に応じて言語聴覚士が嚥下評価を行い、管理栄養士と協働で安全な食事内容を検討しています。

●まずは食事介助時の姿勢が大事です。


ベット上での姿勢の工夫

★嚥下障害のある方の食事介助を行う時に最も安全な姿勢★
☆ベッドギャッジアップ 30°
☆姿勢を安定させるため膝を軽く曲げ、足底が接地するようにします。


☆顎引き位 (枕やクッションを入れて調整します)






食事介助の基本姿勢

★顎は軽くひくように★




車椅子での姿勢調整

★車椅子に座るとお膳が遠くなってしまう場合があります。
 その場合は上記のようにラップボードを使用するか、移動テーブルを利用するようにしましょう。


食事介助のポイント

誤嚥する危険のある状態 対処方法(例)
 しっかり目覚めていない 食前に口腔ケアを実施して刺激する
話し掛けて反応を確認する
時間をずらす等
 時間をずらす等顎が上がった姿勢で食べる 枕やクッションで軽く顎をひく
スプーンを顔の下方から口元に近づける
 1回で飲み込みきれない量を口に入れる スプーンの大きさを小さくする
1口量を少なくする(スプーン半量など)
飲み込む前に次の1口を口に入れる 喉仏が挙がりゴックンしたことを確認してから
次の1口を介助する
 声がゴロゴロしている 咳払いとゴックンを促す


●高齢者の方はたくさん食べられません。
そこで、少量でも栄養の取れる食品を利用しています。
これだけで、ほぼお茶碗1杯分




●実際に提供している食事(普通食~嚥下食)

●食事の量を減らし、用途別に取りそろえた補助食品で無理なく栄養摂取してもらえるよう工夫しています。

●入院後、なるべく早い段階で患者様に最も適したお食事を提供できるよう、管理栄養士が入院時面談にも参加し、言語聴覚士と協働で食事調整を行い、入院後も必要に応じて食事の状況も確認させて頂きます。

嚥下造影検査,嚥下内視鏡検査も積極的に行っています。これらの検査を行うことで、外から観察するだけでは見えない喉の中の様子を評価することが出来ます。

【嚥下造影検査】
造影剤を混入した検査食を実際に食べて頂き、食べ物が口の中→喉→食道と送り込まれる様子をレントゲン透視した動画で観察することが出来る検査です。



【嚥下内視鏡検査】
鼻から細い内視鏡を喉まで挿入した状態で食べ物を食べて頂き、喉の中で食べ物がどのように処理されるのかを観察することが出来る検査です。