各部・診療科

リハビリテーション科

急性期に行うこと

 治療を行う上ではベッドで安静にしていなければならない時間があります。しかし、必要以上にベッドで寝ている時間が増えると、身体を動かす力が弱くなる・関節を動かせる範囲が狭くなる・褥瘡(じょくそう;床ずれ)が出来てしまう可能性があります。当院では身体状況を管理しながら出来る限り早く理学療法(起き上がる/座る/歩く 等)・摂食/嚥下/言語療法(飲み込み/話す機能を回復する練習 等)を開始することで身体回復のサポートをしています。
 医師による治療が開始されるのと同時に理学療法・言語療法を開始することもあれば手術の翌日から開始することもあります。
 医師の指示のもと、安全に効果的な治療が進められるよう取り組んでいます。

理学療法の対象となる怪我や病気について

 整形外科疾患では生活動作の中での転倒による骨折が多く占めています。また、交通事故によるケガや、スポーツ中のケガ、手術後の患者様が対象です。
 脳神経外科疾患では脳梗塞や脳出血、脳動脈瘤・くも膜下出血などの患者様が対象です。その他には内科疾患、外科疾患などで安静が必要となり生じる廃用症候群に対して実施しています。
 


 骨関節疾患  大腿骨頚部骨折・脊椎椎体骨折・橈骨遠位端骨折・下腿骨骨折・膝蓋骨骨折・アキレス腱断裂・踵骨骨折・上腕骨骨折・手指骨骨折・手指腱断裂 など
 脳血管疾患  脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・硬膜下血腫・脳動脈瘤・脳腫瘍 など
 内科疾患  肺炎・心不全・腎不全・糖尿病・肝硬変・パーキンソン病 など
 外科疾患  腸閉塞・癌・総胆管結石・鼠径ヘルニア・気胸・胆嚢炎 など

言語療法の対象となる病気や症状について

言語療法では以下のような症状に対して評価や練習を行います。
★脳損傷による失語症や記憶障害などの高次脳機能障害
★舌や唇などの運動障害による運動性構音障害
★喉や舌などの運動障害や加齢による変化、入院や術後の安静状態から生じる廃用症候群による嚥下障害
★アルツハイマー病などの脳の変性疾患や加齢などによる認知障害

脳神経外科が主になりますが、それ以外にも上記のような症状が見られる場合、内科・外科・整形外科など全ての科の患者様に対応しております。

リハビリスタッフ

理学療法士:10名
言語聴覚士:3名
事務:1名
 

 医師の指示のもと理学療法士・言語聴覚士が介入し、それぞれの専門性を活かし、1日も早く普段の生活に戻れることを目指しています。
 



役割

 短い入院期間で効果的な治療を提供し、在宅や回復期病院へ円滑にバトンを渡すことが大切です。
 医師・看護師・放射線技師・栄養士・薬剤師・メディカルソーシャルワーカーなど他職種とカンファレンスを行い、患者様の目標を達成できるよう努めています。
  病気やケガをされた後の関わりだけでなく、予防についても関われるよう当院主催の健康講座において医師とともに理学療法士も参加し、運動について説明を行っています。

実習生の受け入れ、理学療法士を目指す学生の見学機会を設けるよう努めています。


病院見学・求人情報の詳細はこちらへ
http://www.kyowakai.com/recruit/

 


このページのトップヘ