各部・診療科

薬剤科

薬剤科 紹介


 患者様に安全・安心・納得できる薬物療法を受けていただくために年齢や体重、腎機能の程度に応じた薬剤投与量の確認、提案を行っています。
 また、服薬指導を通して、患者様一人一人にわかりやすく説明を行い、安心できる治療を提供すべく日々取り組んでいます。

調剤業務

 調剤を行う際は、患者様の個々に応じた用法用量・薬剤間の相互作用などの確認を行っています。 
電子カルテや調剤システムのチェック機能も活用しています。
確認の必要がある際は、病棟担当薬剤師と連携し、医師に確認や提案を行うことで安全な薬物療法の提供に努めています。

病棟における業務・DI業務

 病棟それぞれに専従薬剤師を配置することで、一人一人の患者様に寄り添い、以下の取り組みを行っています。

・ 医師や看護師など様々な職種と連携し、よりよい薬物療法の提供を行っています。
・ 患者様からの聴き取り、検査値や所見等必要な情報を収集し、薬学的考察を加えて医師へ処方支援を行っています。
・ 患者様のベッドサイドにうかがい、お薬の必要性や副作用、用法用量、使用方法や注意事項をはじめとした様々な指導を行っています。また、不安に思われる点やご質問に丁寧に対応をしています。
・ 入院前の薬剤の管理方法や服薬状況などの情報を収集し、当院を退院された後にも良好な服薬状況が保てるように、様々な介入を行っています。

 これらの病棟業務により、安全性の確保や薬物治療の継続を目指しています。
  
 DI業務として、DIニュースを毎月発行し、最新情報を院内へ発信しています。
緊急を要する副作用情報・医薬品流通不良情報・医薬品回収情報などは、患者様への対応や外部含めた医療スタッフへの発信・対応等を速やかに行い、安全管理に取り組んでいます。

外来がん化学療法・高カロリー輸液ミキシング業務

 がん化学療法委員会に参画し、レジメン管理をはじめ様々な役割を担っています。治療の際にはレジメン選択、投与量、スケジュールが適正であるかを確認した上で、抗がん薬の無菌調製を行っています。
また、患者様へ継続した指導を行うことで、何でも話せる環境を構築し、日常生活での注意や副作用の早期発見、対応ができるよう指導を行っています。

 中心静脈栄養で用いる高カロリー輸液の無菌調剤を行い、カテーテル関連血流感染の減少に取り組んでいます。

委員会活動

 がん化学療法委員会・感染防止対策委員会(ICT)・救急委員会・糖尿病委員会・栄養管理委員会(NST)・褥瘡委員会をはじめとした様々な委員会で活動しています。チーム医療に参画し、薬剤師としての専門性を発揮しています。
 ICTにおける薬剤師の活動では、環境ラウンド・ワクチンプログラムの推進などの感染制御に対する取り組み、広域抗菌薬使用症例・血液培養陽性症例への介入を行い、抗菌薬の適正使用への取り組みを行っています。

がん化学療法・感染領域の認定薬剤師が在籍しており、がん化学療法のレジメンの提案や、抗菌薬の適正使用に対する介入を行うなど、他職種と協力し患者様にあった最適な治療を提供できるように努めています。

実務実習

 当院の薬剤師の日々の業務を学んでもらうなかで、自ら考えて判断、行動することで、患者様に信頼してもらえる薬剤師の育成を行っています。11週間の実習で学んだことをより深めてもらうため、成果発表の場を設け、他の実習生の学びを共有し、更なる成長を促しています。