各部・診療科

放射線科

診療体制

常勤は木村和彦(放射線専門医)他、非常勤3名(放射線専門医)で診療を行っています。外来診療は行っておりません。


業務内容

放射線医としての、平素の業務内容としては、CT(64列MDCT)、MRI(超伝導磁石、1.5T)、造影検査(胃透視、注腸、尿路造影など)の画像診断を中心として行っています。

装置

CT装置
GE社製マルチスライスCT(64列MDCT)を設置。この機械は検出器が身体の回りを高速回転し螺旋状に画像情報を収集でき、短時間に広範囲を撮影できます。

MRI装置
Philips社製 1、5T(テスラ)MRI装置を設置。この装置は磁気が強くなったことにより高速撮影が可能となり、検査時間が短縮されました。(MRIは放射線を使用せず、磁気により画像を撮影します。)

血管撮影装置
Philips社製[AlluraClarity FD20/10]フラットパネルバイプレーン装置を設置。正面に高精細の大口径フラットディテクタ,側面に密着性の高い小口径フラットディテクタを配し,二方向から全身の検査・治療に高度に対応するバイプレーンシステムです。
画質の向上と被ばくの低減の両立を実現し、従来の50%以上の被ばく低減効果を実現します。

X線TV装置
日立製DR装置を設置しています。消化管検査・特殊検査の他に断層撮影も可能です。

結石破砕装置
ウルフ社製の結石破砕装置を設置。体内の石を身体の外から衝撃波で破壊できます。

一般撮影
撮影室が2室あり、DRシステムを導入しています。他に外科用イメージ2台、ポータブル装置2台(DRシステム)を保有しております。


地域の先生方へ

CT、MRIの検査時間は、平日は20時、土曜日は16時まで検査をしています。
仕事や通学の関係で平日17時までに検査を受けることができない方も、検査がうけやすくなっています。


医師紹介

放射線科部長 専門分野
きむら かずひこ
木村 和彦
画像診断
主張
   各種の画像検査を読影し、主治医の診断治療の参考になるよう心がけております。特に肺(呼吸器)の画像診断が専門であり、診断困難な疾患の早期診断・治療のお役に立ちたいと考えています。 
所属学会 資格
日本医学放射線学会
日本呼吸器内視鏡学会
肺がんCT検診認定機構
日本乳がん検診精度管理中央機構
日本核医学会
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
肺がんCT検診認定機構認定医
精中委検診マンモグラフィ読影認定医AS
日本核医学会PET核医学認定医


画像CD閲覧方法

画像CDには検査の画像がDICOMデータで入っています。
一緒に入っているDICOMViewerソフトにより、パソコンでご覧頂けます。
詳しくは、以下の簡易取扱説明書(PDFファイル)をご覧下さい。

※パソコンにより、管理者でのログインが必要な場合、また、ご覧頂けない場合がございます。

※パソコンとソフトの相性等で漢字名が誤字になる場合がございます。

ご了承下さい。

ソフトは数種類あり、ディスクをパソコンに挿入すると自動的にビューワーが起動します。自動起動しない場合は、「マイコンピューター」からCDドライブを開いて下さい。

起動した画面により取扱いが違いますので、以下の画像と比べて頂き、その下の説明書(PDF)をご覧頂き、画像CDの閲覧にお役立て下さい。

Array AOC

上の画像が開いた場合、 ↓こちら↓ をご覧下さい。
診断画像ディスクスタートガイド.pdf

CODONICS

上の画像が開いた場合、 ↓こちら↓ をご覧下さい。
DICOM Viewer 簡易取扱説明書_CODONICS.pdf(2ページ)
Clarity Viewer画像参照説明書.pdf(50ページ)

syngo

上の画像が開いた場合、 ↓こちら↓ をご覧下さい。
DICOM Viewer 簡易取扱説明書_syngofastView.pdf(2ページ)

GE

上の画像が開いた場合、 ↓こちら↓ をご覧下さい。
DICOM Viewer 簡易取扱説明書_GE.pdf(2ページ)