各部・診療科

臨床工学科

臨床工学技士とは

 臨床工学技士とはメディカルスタッフの一職種であり、医療現場における機器の操作や保守管理など現在の医療に不可欠となっています。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。
 当院では医師の指示のもと様々な業務を行っています。

血液浄化業務

 体内にたまった老廃物を排泄・代謝することができなくなった場合に行う治療で、 血液透析療法、血液吸着法などがあります。臨床工学技士はその治療の際、穿刺や人工透析装置の操作を行います。

呼吸治療業務

 呼吸が十分にできなくなった場合に人工呼吸器を装着することがあります。臨床工学技士はその際稼働している機器のもとへ行き、安全に運転しているかなど確認を行います。また、人工呼吸器のメンテナンス・管理も行います。
 その他睡眠時無呼吸外来(SAS外来)や、睡眠時無呼吸検査(PSG)、在宅CPAP管理なども行っています。

心血管カテーテル業務

 心臓カテーテル検査は心臓病の診断をするための検査方法であり、手術の適応、術式を決定する重要な検査です。臨床工学技士は、医師の直接介助、ポリグラフの操作、IVUS操作、IABP操作、一時ペーシング設定などを行います。
 

ペースメーカー業務

 心臓の鼓動において疾患がある場合はペースメーカーを体内に植込む手術を行います。臨床工学技士は、そのような機器を取り扱う場面で機器の管理や操作を行います。また、植込まれた方の定期検査(ペースメーカー外来)の際にペースメーカーチェックを行い、医師の診療の補助を行います。

手術室業務

 手術室には様々な医療機器が存在します。手術が円滑かつ安全に行われるように、臨床工学技士は事前の点検・管理を行います。また外科、整形外科、脳神経外科など多岐にわたる手術での直接介助、脳外科での動脈クリッピングや脳腫瘍摘出時に行う神経モニタリング(MEP、VEP、ABRなど)も行います。
 

医療機器管理業務

 医療施設で使用される医療機器を、安全に使用できるようにまた、機器の性能が維持できるように保守・点検を行います。また、医療スタッフのための勉強会を実施し院内の医療機器安全使用の啓蒙活動も行っています。

スタッフ数

臨床工学技士:21名
臨床工学科助手:1名
取得資格
 透析技術認定士:4名
 呼吸療法士:4名
 インターベンション認定技師:6名
 CDR:1名
 心電図検定2級:1名
 ME1種:1名
 ME2種:11名
 臨床検査技師:1名