阪神北圏域リハビリテーション支援センター

阪神北圏域リハビリテーション支援センター
研修案内 研修報告

研修報告の一覧

研修風景 (2)

 2020年度 阪神北圏域リハビリテーション支援センター主催の 研修会を開催しました

 非常事態宣言が解除された今こそ、第2波・第3波に備えた新型コロナウィルス感染症対策を強化し、地域に於けるリハビリテーション提供体制を維持することが必要と考え、6月11日の18時よりキセラ川西にて当センター主催で感染予防研修会を開催致しました。感染対策として、今回初めてZoomによるWeb講義の形式で実施しました。案内から締切まで短い期間しかなかったものの、40もの病院・施設よりお申込み頂き、加えて一部限定でご用意させて頂いた会場席にも7名の方々がお越し下さいました。
第1部は、元大阪大学 医学系研究科 感染防御学教授である杉本医師により、クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号をモデルとした疫学的な知見をご講義頂きました。第2部は感染管理認定看護師である小川看護師より、事前に参加者の方から頂いた質問に答えつつ、実際にどのような感染対策が必要であるかを動画や写真など視覚的にも分かりやすくご講義頂きました。
今回は1時間という限られた時間の研修で、参加者の皆様方との質疑応答時間を十分に用意することが難しかったため、今後も感染に関する研修会を開催していこうと考えております。皆様方から研修内容に対するご要望やご質問等ございましたら、当センターまでご連絡下さい。次回の研修会の参考にさせて頂きます。

 

研修会風景

 阪神北圏域リハビリテーション支援センター研修会

演題:「介護予防とリハビリテーション~フレイルの悪循環を予防する~」

講師:望月 秀樹 (もちづき ひでき)先生                 
    大阪大学大学院 医学系研究科 神経内科学 教

2019訪問リハ研修写真1

 11月29日(金) 当センターでは、阪神北圏域訪問リハビリテーション連絡会と共催して「在宅終末期の医療・介護職の連携を考える~終末期でその人らしさを支えるために~」というテーマで研修会を開催しました。

80名ものセラピストやケアマネジャーにご参加頂き、グループワークを通して自分自身の終末期のあり方も含め、考える良い機会を得ることが出来ました。 

 

H30.09.21 研修会風景3

 

第1回 川西・猪名川PT・OT・ST連絡会 研修会を開催しました

2019年5月、ようやく川西市と猪名川町のリハビリテーション従事者のネットワークとして「川西・猪名川PT・OT・ST連絡会」が立ち上がりました。私たち阪神北圏域リハビリテーション支援センターでは、地域で活動するリハビリテーション従事者のネットワーク作りをサポートし、行政との橋渡しを行いました。その一環として、川西・猪名川PT・OT・ST連絡会と共催させていただき研修会を開催しました。

この度の研修では、「地域包括ケアシステム」について改めて学び、川西市と猪名川町の現状について知り、お互いに顔の見える関係作りを目的に開催しました。

当日は越田謙治郎川西市長が開催のご挨拶に駆けつけてくださるなど予想以上の反響で、参加人数も予定をはるかに超える141名となり、時代の流れに遅れまいとする参加者の方々の意識の高さに驚き、非常に頼もしく感じました。

今後も、阪神北圏域リハビリテーション支援センター(事務局 協和会協立温泉病院)では、地域リハビリテーションの未来に向けて支援をして参りたいと思います。

 

H30.09.21 研修会風景3

〈テーマ:在宅支援・リハビリの実際について〉  

 この度の研修では、医療法人協和会訪問看護事業部より看護師の柴田美子様をお招きし、訪問看護の実際について症例も交えながらご講義頂きました。利用者の方々に直接伺った「福祉用具ベスト1」では、実際に利用して役に立つ福祉用具やアイデアが一杯で、聞いていてとても楽しく勉強になりました。また、訪問リハビリでの関わりについては、理学療法士の松本恭弘様より様々な症例を通して実際の指導や工夫、苦労したことなどを教えて頂きました。

これから訪問事業に関わって行きたいと考えているセラピストだけでなく、既に現在訪問に出て活躍しているセラピストにとっても、再確認や再発見が出来る有意義な研修となりました。

 

 

〈テーマ:地域ケア会議でリハビリ職に望まれる事〉

 研修会に引き続き、第2部では洲本市役所健康福祉部介護福祉課・長寿支援課の理学療法士の畑山浩志様より、「当たり前を変える」をテーマに地域リハ会議でリハビリ職に望まれることについてご講義頂きました。畑山様が実際に参加されている洲本市の地域ケア会議の成り立ちから、試行錯誤の末現在の形に至るまで詳しく教えて頂きました。その中で、自分たちの暮らす「地域」を知ることが大切であること、最終的な目標はより良い「地域づくり」であることを改めて認識することが出来ました。また、高齢者の受け皿である集いの場について、もっとセラピストは知る必要があると痛感しました。今後セラピストが協力し活躍できる場を開拓していくためにも、地域ケア会議を通して顔の見える関係を作り、多職種で様々なアイデアを出しないながら情報共有していくことが大切だと思いました。

 

H30.06.19 アイキャッチ

   全県リハビリテーション支援センターの安尾仁志様より、介護予防事業でセラピストが出来ることについて発表頂いた後、既に発足活動を始めている伊丹市PT・OT・STネットワークの伊丹ゆうあい 野村亮太様と、宝塚市PT・OT・ST連絡会の宝塚リハビリテーション病院 堤万佐子様より、活動報告や今後の課題について発表頂きました。

最後に、川西市中央地域包括支援センターの西田小百合様より、川西市で行っている介護予防事業の報告とセラピストへ期待することを伝えて頂きました。

今後新たにネットワークを立ち上げようとしている市町にとっても、既にネットワークが動き出した市町にとっても、現場の生の声を聴く機会を得て有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

0

医療・介護・福祉に従事する方々230名の参加がありました。 數井先生には、病態ごとに具体的な症状の提示をいただき、動画も交えながら、とても分かりやすくお話しいただきました。 また「認知症ちえのわnethttp://orange.ist.osaka-u.ac.jp/)」(実際の認知症の方々への対応ケースを集め、皆で共有するサイト)の紹介もいただき、受講者の皆様からも好評でした。

0

介護保険施設伊丹ゆうあいのケアマネージャー 谷口和幸様、理学療法士 野村亮太様、介護保険施設ケアヴィラ伊丹の理学療法士 十川亮麻様から発表いただきました。

その後「自立支援・社会参加を考えよう」というテーマで、協立温泉病院訪問リハビリの北村愛様の症例提示を元に111人が14グループに分かれてディスカッションしました。

質問、意見が活発に出て、またケアマネージャーさんたちからの意見も出て有意義な時間を過ごすことができました。

1 2
PAGE TOP ▲