来院される方へ

退院支援

退院支援

障害を伴う病気や怪我を負うと、生活環境を整えたり、福祉サービスを利用しないと地域での生活がおくれないという状況が発生する事が多々あります。
そのような時に私達は、様々な福祉サービスを紹介しながら、地域で安心して生活出来るよう、患者様を中心に、ご家族、医師、看護師、リハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー等がチームを組んで支援いたします。


リハビリスタッフ
 ● 理学療法士:関節可動域の拡大や筋力増強練習など機能障害の回復や、残存能力の向上を図ることで、寝返り、起き上がり、座る、立つ、歩くといった基本的な動作の獲得を援助します。
 ● 作業療法士:自宅環境に合わせた動作の練習を行います。(着替え・食事・トイレ・入浴・整容動作等)
 ● 言語療法士:ことばによるコミュニケーション障害のある患者様には、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて、訓練、指導、助言、その他の援助を行います。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。


看護師による手技指導
家庭内で実施する事の出来る医行為指導を行います。


管理栄養士による栄養指導
嚥下(飲み込み)機能の低下対応食(ミキサー食・ゼリー食等)・糖尿病食・減塩食等の症状や体調に応じた食事療法についてなど食事の作り方や摂り方を指導します。


薬剤師による服薬指導
お薬の効果、のみ方、使い方、副作用、保管方法などを説明いたします。


医療ソーシャルワーカー(MSW)
医療保険・介護保険・身体障害者手帳などの社会保障制度や、療養病棟・福祉施設について情報提供を行います。院内における生活では、患者様とチームメンバーの間の調整役で、退院する際には、患者様と地域の医療・福祉サービスの間の調整役として協力をしていきます。
また、医療費や生活費など経済的な不安がある方のサポートもしていきます。


リハビリを目的に入院される場合の流れ

退院支援の流れ

 

退院支援の具体的な内容は以下のとおりです。

入院早期に家屋情報を収集いたします。情報収集(書式にリンクを張る)にはご家族様のご協力が必要です。

・在宅復帰をされる方
収集した家屋情報や患者様のおかれる環境に基づき、必要に応じて家屋改修や家族様への介助指導・外泊練習などを実施し、退院援助を行っています。
・在宅復帰が不可能な方
当法人内の介護老人保健施設やご自宅から近い施設を紹介し、ご希望の施設への申込みのサポートをいたします。また施設から外出、外泊で自宅に戻ることを想定して家屋改修提案や家族様への介助指導をおこないます。