病院について

ご挨拶・理念

院長のご挨拶

信頼と良質な医療

第二協立病院院長 福田 能啓

私どもの病院はリハビリテーションを中心としたユニークな病院として発足し、近隣の多くの急性期病院のネットワークに支えられ成長してきました。種々の障害を受けた多くの方々の社会復帰の支えとなり、或いは障害に応じた地域社会への復帰を応援してきました。
急速に超高齢化社会に進みつつある今日、近隣医療施設との連携を更に強めて、病院理念である「信頼と良質な医療」を充実できるよう努力を重ねてまいります。
医療崩壊が叫ばれて久しい状況ではありますが、新病棟を竣工してより多くの患者様を迎えてリハビリテーション医療を充実させるとともに新たに「産科・小児科医療」を川西の地で開花するよう職員一丸となって努力いたします。ご指導ご鞭撻を頂きますようお願い申し上げます。 

第二協立病院院長 福田 能啓  




看護部長のご挨拶

豊かな心・心の看護

その人らしさを尊重した温かく質の高い看護を提供する
看護部は病院理念「信頼と良質な医療」を軸に「豊かなこころ・心の看護」を理念に、ここで出会う皆様方と、心とこころを通わせ、豊かな感性を持ち看護・介護を提供できるよう努めています。
患者様のその人らしさを尊重し「大切にされて良かった」と思っていただける温かい看護・介護を提供したいと、人に焦点をあてた教育研修体制の充実に力を入れています。
 また、看護・介護の質を高めるためには、ナース・介護職の一人ひとりが看護・介護という仕事に誇りを持ち、明るく活き活きと仕事が出来る環境でなくてはなりません。
そのためライフスタイルに合わせた勤務条件、子育て支援、キャリアアップ支援、認定看護師資格所得支援等々バックアップ体制を整えて看護職の成長を支援しています。個々の個性を大切に、何事も和を持って乗り越えて行ける、職場でありたいと思っています。

第二協立病院看護部長 友金 泰子